外壁コーキング(シーリング)補修の費用相場!DIYは可能?打ち替え・増し打ちの違いとは?

外壁材の目地を埋めるために使用されている「コーキング(シーリング)」。サイディングやALCといった外壁の住宅では、築10年前後でコーキングの劣化が始まります。ひび割れや縮みを目で確認できるようになったら、要注意。大掛かりな補修工事をしなくても済むよう、早めにリフォームを検討しましょう。今回は、コーキングの補修方法である「打ち替え」と「増し打ち」の違いや、価格相場、シーリング材(コーキング材)の種類など、修理前に知っておくと安心の情報をご紹介します!

外壁のコーキング(シーリング)とは

現在、ほとんどの新築住宅で採用されているサイディングや、ALCパネル・タイルといった外壁材を貼る際に、目地に充填されるのが「コーキング(シーリング)」です。
また、モルタルの外壁のひび割れ(クラック)を補修する際にも、コーキング工事が行われます。

「コーキング」と「シーリング」の違い

目地材のことを「コーキング」や「シーリング」と呼びますが、両者の違いはかなり曖昧です。
業者によって呼び方が異なるだけと考えても良いのですが、厳密に言うとコーキング(Caulking)には「隙間や穴に詰め物をする」という意味合いがあるのに対し、シーリング(Sealing)には「密閉する」という意味があります。

そのため、目地に詰め物をすることを「コーキング」、防水などを目的として詰め物をすることを「シーリング」と分けて捉えることもあるようです。

ただし業者にリフォームをお願いする際には、コーキングとシーリング、どちらの言葉でも伝わるので、あまり気に留めなくても良いでしょう。

こんな場合は補修が必要!主なコーキングの劣化症状

コーキングは、単に外壁材の目地を埋めるために使用する物と思われがちですが、実は外壁材のズレを吸収するという大切な役割も担っています。
外壁材は、日光・風雨・地震などによって、微妙に収縮したり、ズレたりすることがあります。
このズレを、伸縮性のあるコーキングが吸収し、微調整しているのです。

施工したばかりのコーキングは、指で押すとしっかりした弾力が感じられます。
しかし、5~10年ほど経つと少しずつ劣化が始まり、以下のような異常が見られるようになります。

ひび割れ・破断

コーキングにひび割れが見られるようになったら、素材そのものの柔軟性が低くなっている証拠です。
数年以内にコーキングが寿命を迎えてしまうというサインと考えましょう。

ひび割れを放置すると、さらにコーキング材が硬くなって亀裂が入り、やがては真ん中が切れてしまう「破断」と呼ばれる状態になります。
ここまで劣化が進むと早急な補修が必要となりますので、ひび割れを見つけた段階でリフォームを検討したほうが良いでしょう。

肉やせ・剥がれ(剥離)

コーキングの弾力が弱くなってくると、施工した部分がやせて細くなる「肉やせ」という現象が起き、外壁材との間に隙間が生じます。
肉やせの状態を放置すると、さらにコーキングが減って「剥離」してしまいます。

肉やせ・剥離したコーキングをそのままにしていると、隙間から雨水などが侵入していきます。
雨漏りが原因で、建物の内部が腐食したり、シロアリが発生したりといった大きなトラブルに結びついてしまうため、そうなる前にコーキングの補修・リフォームを行うことが重要です。

外壁コーキング補修のDIYは危険!必ずプロと相談を

なおホームセンターでシーリング材を購入し、ご自身で外壁のコーキング補修を実施しようと考える方もいらっしゃると思いますが、想像以上に危険で大変な作業なので、おすすめしません。

はしごから転落してしまったという事故も決して少なくはなく、また安全に作業できたものの、「最後に剥がすはずのテープがくっついて取れなくなった」などの失敗例も多いです。

また何かしらの不備があり、施工不良状態になってしまうと、雨漏りなどのトラブルを防げず、大切な家が劣化してしまう危険性さえあります。
「洗浄や掃除を丁寧に行わなかった」「乾燥時間が短かった」というだけで、コーキング材が持つ本来の機能が落ちてしまうため、長持ちしません。

さらに言うと、今後メンテナンスとして外壁塗装のリフォームをする際には、必ずコーキングを撤去して新しく打ち替える必要があります。
素人の方が中途半端にDIYで補修したコーキングを、剥がす作業に手間がかかると、工事費が高額になってしまいます。

たとえ器用さに自信がある方であっても、一時しのぎとして補修するのが限界と考えておきましょう。
原則として、コーキング工事が得意なプロの業者に任せるのが一番です。

コーキングの補修が得意な
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

補修方法は「打ち替え」と「増し打ち」の2通り

コーキング(シーリング)の補修には、2種類の工法があります。
まずは、既存のコーキングを撤去して新たにコーキングを打つ「打ち替え(打ち直し)」という方法。
そしてもう一つは、既存のコーキングの上から重ねて打つ「増し打ち(打ち増し)」という方法です。

基本は「打ち替え」がおすすめ

コーキングが劣化していたら、基本的には「打ち替え」を行うことをおすすめします。
「増し打ち」だけでは、建物の耐久性を高めることはほぼできないためです。

【コーキングの「打ち替え」とは】

「打ち替え」をしたコーキングの耐用年数は7~10年、長くて12~15年前後です。

古くなったコーキング材を全て取り外し、完全に新しくするため、工事費は少々かかりますが、外壁の目地の隙間をしっかり埋めて防水性や柔軟性を確保できます。

【コーキングの「増し打ち」とは】

一方、既存のコーキング材の上から「増し打ち」する場合は、強度を失ってひび割れしてしまったコーキングを修復できるわけではありません。
また万が一、目に見えないコーキングの内側や裏側に、ひび割れや隙間ができていても気づきにくいという欠点もあるでしょう。

新しいコーキング材は、古いコーキング材となじむわけでもないため、せっかく増し打ちした箇所も、徐々に剥がれていってしまいます。

「打ち替え」と比べると、施工時間やリフォーム価格を抑えられるという良さはありますが、コーキングは2~5年程度しか持ちません。

7~15年に一度はコーキング打ち替えと一緒に外壁塗装を

ちなみに、サイディングやALCといった外壁材の住宅や、RC造(鉄筋コンクリート造)の建物は、築7~15年経った頃に塗装でメンテナンスをする必要があります。
先述した通り、外壁塗装の際には、劣化具合にかかわらずコーキングを撤去し、打ち替えなくてはいけません。
打ち替え後に塗料を塗ることによって、コーキング自体の強度がより高まるというメリットもあります。

さらに、マンションや2階建て以上の一戸建て住宅では、外壁塗装やコーキングの工事の際に、15~20万円程度の足場の設置費もかかります。
2つのリフォームを別々に行うと、足場代も2回支払うことになってしまいますから、耐用年数が同等であるコーキングと外壁のリフォームは、一緒に行うと効率的です。

>> 足場の費用・単価はどれくらい?

もしも外壁塗装を依頼する際に、業者から「安く済ませるために、コーキングは打ち替えないで良い/DIYしても大丈夫」と提案されたら注意しましょう。
結果的に、建物の耐久性が落ちてしまう可能性があり、またトラブルが起きなかったとしても、今後の外壁塗装とコーキングのメンテナンス周期が大幅にズレてしまいます。
特に足場の設置が必要な建物の場合、コーキングが長持ちしない「増し打ち」を行うと、足場代が何度も発生し、割高になってしまいます。

「打ち替え」と「増し打ち」の、一回あたりの工事金額に大差はありませんから、コーキングの打ち替えと外壁塗装を、同じタイミングで実施するのが一番理想的です。

>> 外壁塗装の費用相場

ただし、どうしても予算を工面するのが厳しく、「とりあえずコーキングだけをすぐに直したい」という場合には、外壁の塗膜とコーキング、それぞれの劣化状態を確認し、何年後に外壁塗装を行うかをリフォーム業者とよく相談して、適切な工法を提案してもらいましょう。

コーキングの補修が得意な
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

コーキング(シーリング)補修の価格・費用相場

コーキングの打ち替え・打ち増し工事にかかるおおよその費用相場は、以下の通りです。
コーキング工事は、m単価で計算されることが多いため、合計数が長いほど費用も増します。

打ち替えの費用 増し打ちの費用
約900~1,200円/m 約500~900円/m
既存コーキング撤去費:約1~3万円
足場の設置費用:約15~20万円 (※高所作業の場合、別途必要)

「打ち替え(打ち直し)」の場合の価格・費用

「打ち替え」に必要な費用は、コーキング代・約900~1,200円/mと、既存のコーキングの撤去代・約1~3万円です。

たとえば、一般的な2階建ての住宅に合計180mの施工をした場合、

(900×180=) 16万2千円 ~ (1,200×180=) 21万6千円

がコーキングの大まかな相場の価格帯となります。

そして、ここに撤去代1~3万円、足場代15~20万円がプラスされると、全体の費用はおおよそ33~45万円位かかると考えられます。

「増し打ち(打ち増し)」の場合の価格・費用

「増し打ち」は既存のコーキングの上に充填するため、打ち替えよりも使用するコーキングの量が少なく、価格も安くなります。
相場は約500~900円/mです。

たとえば、合計180mの施工をした場合は、

(500×180=) 9万円 ~ (900×180=) 16万2千円

が大まかな価格帯となります。

そして、増し打ちの場合はコーキングの撤去代はかかりませんので、足場代15~20万円だけをプラスして、全体の費用はおおよそ24~37万円位になるでしょう。

シーリング材の種類によって寿命は異なる

ところで、先ほど打ち替えたシーリングの寿命は7~15年とお話ししましたが、具体的には、使用するシーリング材(コーキング材)の種類によっても耐用年数は変動します。

【1液型か2液型か】

シーリング材(コーキング材)には、大きく分けて「1液型(1成分型)」と「2液型(2成分型)」の2タイプがあります。

1液型
その名の通り1液のみで使えるタイプで、ホームセンターなどでも入手しやすく、素人でも扱いやすいという特徴があります。
2液型
シーリング材(コーキング材)である「主剤」と、コーキングを固めるための「硬化剤」の2液に分かれており、作業する際に混ぜて使用します。
施工・管理に手間がかかるため、経験豊富な業者でないと扱うのが難しいですが、1液型よりも耐久性が高く、寿命が長いという魅力があります。

現状としては、取り扱いが簡単な「1液型」を採用する業者も多いです。
「2液型」に対応できるのは、シール屋と呼ばれるシーリング専門業者、もしくは技術のある塗装業者です。

>> 外壁用の塗料も"1液型"と"2液型"がある!それぞれの違いは?

【主な素材・成分の違い】

さらにシーリング材(コーキング材)は、主成分によっても類別されます。
外壁で主に使用されているのは、以下の3種です。
耐用年数は、「水性アクリル」<「ウレタン系」<「変性シリコン」の順に長くなります。

水性アクリル
主に、新築のALCの外壁のコーキングで主流だった1液型のシーリング材です。
よく乾燥させないと雨水で流れてしまうため、工事の期間が長くなりやすいです。
ウレタン系
ひび割れ補修や、サイディング・ALCの外壁塗装の時など、外装リフォームでよく採用されています。
1液型と2液型、どちらのタイプもあります。
変性シリコン
「変性シリコン」は、一般的な「シリコン」とは異なります。
シリコンの場合、上から塗装できませんが、変性シリコンの場合は、上から塗装することが可能のため、外壁のコーキング材として非常に優れています。
RC壁や、新築時のサイディング、モルタル外壁のひび割れ補修など、様々な工事で使用できます。
1液型・2液型、いずれのタイプも存在します。

外壁コーキング工事は雨の日でもOK?乾燥時間は?

外壁のコーキング工事を検討する際、工事中や工事直後に雨が降っても大丈夫かどうか、不安な方もいらっしゃるでしょう。
結論としては、リフォーム工事がすべて完了し、コーキングをきちんと乾燥させた後であれば、しっかり水を弾くので安心してOKです。

一方、施工期間中については、雨で濡れてしまう中でコーキング工事を続けることはできません。
施工中に雨が降ってきた場合は、作業を中断する必要があるため、その分、工期が延長します。

シーリング材の種類や、補修する範囲にもよりますが、コーキングの乾燥時間は最低でも2、3日以上かかります。
コーキング打ち替えと一緒に外壁塗装も行う場合は、湿気が多い/寒い時期には、5日~1週間ほど乾燥させてから塗装を行わないと、劣化しやすくなる原因になります。

万一、リフォーム業者がコーキングの乾燥時間を極端に短縮させているように感じたら、問題なく作業してくれているか聞いてみたほうが良いでしょう。

最適なタイミングでコーキングの補修を行えば、手間も費用も少なく済ませることができます。
外壁と共にコーキングの状態にも日頃から目を配り、劣化が進行する前に対処することが大切です。

なおリフォームを検討する際には、できれば複数の業者に見積もりを依頼し、提案される内容を比較すると、確実です。

本当に良い業者であれば、建物の状態に合わせて、「打ち替え」と「増し打ち」のどちらが良いか、コーキングの乾燥時間はどの程度かかるか、しっかり説明してくれるはずですよ。

コーキングの補修が得意な
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2018年7月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁塗装・外壁リフォームの記事

  • A

    サイディングの外壁のリフォーム・塗装・補修にかかる費用と注意点

    近年、モルタルに代わって住宅の外壁材の主流となっている「サイディング」。10年前後の周期で塗装などのリフォームを行うことで、より長持ちさせることができます。今回は、サイディングの外壁のリフォームやメンテナンスを行う際に、確認しておきたいメリットやデメリット、塗装・重ね張り・張り替え・目地のコーキング(シーリング)補修といった工事にかかる費用相場について、ご紹介します。

  • A

    初めて外壁塗装をする方にもわかる【塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ】

    住宅の外壁塗装のリフォームの際に、最も気になることの一つが、主な塗料の種類や、耐久性(メンテナンス周期)・価格の違いではないでしょうか。「シリコン塗料やフッ素塗料って何?」「ハイブリッド塗料とは?」など、外壁の塗料を選ぶ際に理解しておくと良いポイントや、各塗料の特徴について、解説します。塗料ごとのおすすめメーカー品についてもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • B

    外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

    外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

  • ______

    【一級建築士 監修】屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、瓦の補修にかかる費用や、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えをする場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装・屋根リフォームは、使用する塗料や屋根材によって費用が異なります。屋根リフォームで押さえておきたいポイントを事前に確認して、適正価格でリフォームしましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop