築20年の一戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?どんな工事がおすすめ?

加盟希望はこちら▶

築20年の一戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?どんな工事がおすすめ?

更新日:2021年09月30日

築20年の一戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?どんな工事がおすすめ?

「そろそろ築20年だけど、リフォームをしたほうがいい?」「築20年のタイミングでどこをリフォームしたらいいの?」このような疑問をお持ちの方は多いかもしれません。一戸建てかマンションかにかかわらず、住宅のさまざまな設備は10〜20年程度で寿命を迎えるため、リフォームするには最適の時期です。本記事では、築20年の住宅で検討したい工事内容と費用について解説していきます。

住宅は築20年でリフォームが必要になりやすい

住宅は築20年でリフォームが必要になりやすい
実は、住宅は築20年で外装と内装の両方で老朽化が目立つようになってくると言われており、このタイミングで一度リフォームを行っておくことが好ましいでしょう。
とくに使用頻度の高い水回りは腐食しやすく、築20年も経つと浴槽や給湯器だけではなく、排水管などの交換も必要になる可能性が高いです。

また、屋内の壁紙や床材も築5~15年頃に傷みが目立ち始めるでしょう。
一戸建てにお住まいの場合は、外壁や屋根を10年くらいの周期で塗装・メンテナンスするのが一般的です。

このように、築20年は住宅のさまざまな部分が寿命を迎える時期なのです。
今回ご紹介するすべての工事を行う必要はないかもしれませんが、どのような部分が劣化しやすいのかを知っておくと、適切なリフォーム計画が立てられるでしょう。
我が家はどんな工事が必要?
リフォーム会社と相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

築20年の住宅で検討したいリフォーム内容と費用

築20年の住宅で検討したいリフォーム内容と費用
築20年の住宅でのリフォームは、例えば「トイレ全体(便器・壁紙・床材)」を一新する場合であれば15万円くらいから可能です。
また、内装と設備を全体的に交換する場合、3LDKのマンションであれば約180〜450万円ほどの費用がかかることになります。
住宅をまるごとフルリフォームするときは、800万円以上かかることもあります。

とくに屋根や外壁をメンテナンスしないままにしてしまうと、大きな欠損や不備につながって高い修復費が必要になることもあるかもしれません。
このタイミングでしっかりとメンテナンスしておきましょう。

リフォーム箇所ごとの費用は以下のとおりです。
工事内容 リフォーム費用
壁紙クロス 750~1,500円/㎡
フローリング・畳 6~20万円前後
(※6~8畳の場合)
浴室 50〜150万円
トイレ 15〜50万円
キッチン 50~150万円
断熱 20~120万円
外装(一戸建ての場合) 60~100万円
(※30坪の外壁塗装の場合)
それぞれの詳細について見ていきましょう。

壁紙クロスのリフォーム

壁紙クロスのリフォーム
クロスの寿命は早くて5年、長くて15年ほどと言われています。
汚れや破れが気にならない場合でも、耐用年数を超えて使用すると綺麗に剥がせなくなったりクロスが縮んでしまったりする恐れがあるため、このタイミングで交換しておくと安心です。

クロスの張り替え相場は、1㎡あたり750〜1,500円です。
一部だけ取り換えるとほかの部分の劣化が目立つようになるため、可能であれば全体を交換しておくことをおすすめします。

>> 壁紙リフォームの費用相場と注意点
>> 壁紙クロスの特徴と選び方

フローリング・畳のリフォーム

フローリング・畳のリフォーム
フローリング・畳の耐用年数は、ともに10〜15年くらいです。
劣化してくると、床材の剥がれや床鳴り、畳のカビといった症状が発生し、気になってしまうことになるでしょう。
「そろそろ、古くなってきたかな?」と思った段階で、リフォームしておくと理想的です。

1枚の畳を新調(交換)する場合は1〜3.5万円が相場です。
ただし畳を一度交換したことがある場合は「裏返し」もしくは「表替え(畳の表面だけ張り替え)」といった、施工費が安い方法で済む可能性があります。

6〜8帖のフローリング・畳を張り替える場合は、20万円前後のコストがかかります。

>> 床材ごとの張り替え費用相場
>> 畳の裏返し・表替え・新調の違いとは?

浴室のリフォーム

浴室のリフォーム

築年数的に、浴室(ユニットバス)全体をリフォームされることを推奨します。
ユニットバスの全体交換には、50〜150万円ほどの料金がかかります。

ただし予算が限られる場合は、いったん浴槽や給湯器のみを交換するという方法もあります。
浴槽の交換は10〜55万円、給湯器の交換は10~38.5万円程度が相場です。

>> お風呂リフォームの費用相場と施工事例

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム
築20年になると便器が古くなるため、このタイミングでトイレのリフォームをするご家庭も多いです。
内装の黄ばみや色あせも気になってくるため、トイレの交換だけではなく、壁紙や床材なども交換しましょう。

トイレのリフォームは15〜50万円が相場です。
多くの場合、便器の交換+内装工事は14~32万円くらいで行えます。

>> トイレリフォームの費用相場と施工事例
>> トイレリフォームのよくある失敗例

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム
キッチン本体の耐用年数は10〜20年程度なので、リフォームを検討しましょう。

レンジフード(換気扇)や食洗機、水道やガスコンロ、給湯器やシンクなど、設備の劣化症状が全体的に目立つようになってきます。
また普段は気づきにくいですが排水管も20〜30年で老朽化してくるため、この機会にリフォーム業者に点検を依頼し、必要があれば一緒に交換してもらいましょう。

システムキッチンのリフォーム価格は50〜150万円程度です。
同時に、台所の内装交換や、キッチンの位置変更も行うと100万円以上かかることもあるため、ご希望の際は資金計画を立てておく必要があります。

>> キッチンリフォームの費用相場と施工事例
>> キッチンメーカーを比較

断熱リフォーム

断熱リフォーム
古い住宅は隙間が多くて断熱性が低い場合があるため、断熱リフォームをしておくと安心です。

断熱リフォーム工事には様々な種類がありますが、もっとも手軽にできる「内窓を設置する工事」は1ヶ所あたり約8~15万円で行えます。
天井や床に断熱材を入れるときは1㎡あたり4~8千円程度、壁に断熱材を入れるときは1㎡あたり4千~3万円程度の費用がかかります。

断熱リフォームは高額になりやすく、総額費用は20~120万円になることが多いです。
また、一戸建ての壁全体をまるごと断熱化すると300~500万円以上かかる場合もあります。

>> 断熱リフォームの種類・費用・工期
>> 内窓リフォームの価格と事例
>> 窓の断熱リフォームの効果

外装のリフォーム

外装のリフォーム
こちら、お住まいが一戸建ての方に向けた内容です。

外装のリフォームでは外壁塗装だけではなく、雨漏りを防止するための防水工事や、屋根の補修工事なども行うことが多いです。

外壁のメンテナンスというと塗装をすればいいと思われるかもしれませんが、外壁材や屋根材のヒビ、コーキングなどは10年経つ前に劣化してしまうことが多いです。
もしも一度もメンテナンスしていない場合は、早めに業者に見てもらいましょう。

ちなみに、一般的な外壁塗装の塗料の寿命は10年前後です。
塗装が長持ちすると言われている「フッ素塗料」や「無機塗料」でも、15~20年ごとに塗り替えをする必要があります。

外壁塗装の費用は、30坪の建物の場合は60~100万円が相場です。
屋根塗装の場合は15〜80万円くらいですが、劣化状態などによっては屋根補修費用が200万円ほどかかることがあります。
防水処理工事をするときは、施工範囲にもよりますが20万円程度かかります。

>> 外壁塗装の坪数ごとの費用相場
>> 外壁リフォームの種類と費用
>> 屋根材ごとの耐用年数や劣化症状

「どんな工事が必要か」「予算内で希望のリフォームができるか」といった疑問や不安があれば、現地調査などの際に、遠慮なくリフォーム業者に相談してみましょう。
予算についても相談できる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

築20年の住宅をリフォームする前にチェックしたいこと

築20年の住宅をリフォームする前にチェックしたいこと
スケジュールに余裕があれば、以下のことについても確認しておけると、より理想的でしょう。

住宅診断をしてもらう

もしも可能であれば、住宅診断を実施しておくと、安心です。
問題ないように見える場所であっても、専門家に住宅診断をしてもらうことで、気づかなかった不備を発見できることがあるためです。

「今、気になる所だけ」をリフォームすると、完工後に別の部分の劣化症状を発見し、再び工事が必要になってしまうケースがあります。
リフォームと同時に、適切なメンテナンスや補修工事も実施できると、手間も費用も抑えられて効率的です。

>> 住宅診断の費用や流れ

補助金や助成金を活用する

リフォームの際には、国もしくは自治体の補助金・助成金制度を利用できる場合があります。
複数箇所をリフォームするときは高額な費用がかるため、利用できる補助金制度などがあれば、ぜひ活用したいですね。
リフォームに対する補助金の例としては、以下のようなものが挙げられます。
(※2021年9月時点)

● 既存住宅における断熱リフォーム支援事業:最大120万円
● 次世代省エネ建材実証支援事業:最大300万円
● ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業:最大105万円
● 長期優良住宅化リフォーム補助金:最大300万円

補助金や助成金の対象となるのは、断熱・省エネルギーに関するリフォームであることが多いです。

>> 補助金対象リフォームと注意点

それぞれの制度には条件があり、予算が限られています。
補助金に詳しいリフォーム業者もいるので、利用したい方は相談にのってもらうといいでしょう。
補助金についても相談できる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

築20年の内にリフォームすることで、長く快適に住める家に

築20年の内にリフォームすることで、長く快適に住める家に
定期的なメンテナンスやリフォームを行うことは、良い住環境を保つため、そして結果的に無駄な出費を抑える上でも、重要です。

住宅設備の故障や建物の老朽化を放置し続けると修復が困難な状態になり、工事費用が高額になってしまうことがあるためです。
場合によっては、住みながらのリフォームができなくなり、一時的に仮住まいや引っ越しの費用もかかります。

お住まいが築20年を迎えたら、まずはリフォーム業者を探し、見積もりを依頼してみることをおすすめします。
もしも具体的なプランが決まっていない場合でも、実績豊富な会社であれば予算や理想に合わせて提案してくれるでしょう。
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 築30年の住宅ではどんなリフォームを行うの?施工事例や工事費用なども解説!

    「築30年の住宅ではどのようリフォームが多く行われているか知りたい」「築30年の住宅のリフォームにかかる費用相場が知りたい」自宅が築30年を迎えたとき、リフォームについてこのようにお悩みになる場合も多いでしょう。築30年となると、生活をする上で不便に感じる部分が出てきやすくなります。そのため、築30年を目処にリフォームを行う住宅が多いです。築30年の住宅のリフォームを検討中の方は、工事の不安や失敗を減らすためにぜひこの記事をチェックしてみてください。

  • リフォーム会社の選び方・比較する時の8ポイント!ランキング・評判の良いおすすめ業者の口コミも公開

    リフォームの成功・失敗は、依頼する会社によって決まると言っても過言ではありません。しかし、本当に信頼できる業者をどのようにして選べば良いのか、悩んでしまうもの。そこで、リフォームやリノベーションに対応できる優良な施工会社・工務店を数多くご紹介してきた『リショップナビ』が、業者選びの大切なポイントや注意点を解説します。過去2年度分の成約ランキングや、お客様からいただいた「人気のリフォーム業者(大手/地元密着など)の口コミ・契約の決め手になったポイント」も公開しているので、参考にしてくださいね!

  • ベランダ・バルコニーリフォームの費用相場!10の事例も紹介!

    ベランダ・バルコニーリフォームの費用相場をご紹介しています。防水工事や塗装の塗り直しといった既存のベランダのメンテナンス費用や、床材交換や屋根取り付けなどの小規模リフォーム、ベランダの新設・交換・増築・拡張やウッドデッキ設置、サンルームへの変更工事といった大規模なリフォームまで、実例をもとにした料金を解説します。一般的な費用相場や、柵の高さの注意点なども事前に確認して、適正価格で安全なベランダ・バルコニーにリフォームしましょう。

  • 水回りリフォームの費用相場・施工事例!目安時期・おすすめ会社の口コミ/評判などもご紹介

    「水回り(キッチン・浴室・トイレ・洗面台/洗面脱衣所)」は、適切な時期にリフォームすることで、より長く快適に使うことができます。ただ、一戸建てでもマンションでも「金額はいくらになる?」「築何年くらいでリフォームしたらよいの?」「施工日数は長い?」といった疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで本記事では、水回りを全体的にリフォームする際の値段・価格帯や注意点について解説します。リフォームの総額や期間がわかる施工事例や、おすすめの会社の口コミもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • リフォームと建て替えはどちらが安い?判断基準は?違いや費用、施工事例もご紹介!

    築年数が経過した一戸建て住宅を「リフォーム(リノベーション)」するか「建て替え」を実施するか、迷う方は多いのではないでしょうか?一般的には、リフォームのほうが「費用が安い」と言われていますが、工事の規模によっては建て替えるよりも費用が高くなるケースもあり、一概にどちらが安いとは言えません。また建物の状況なども影響してくるため、総合的に判断する必要があります。そこで、リフォームと建て替えについて、それぞれの工事費用などの違いや施工事例、判断基準、メリット・デメリットを一緒に確認していきましょう!

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。