神奈川県南足柄市の人気おすすめリフォーム会社の口コミ・評判一覧 | リフォーム 費用・価格・料金の無料見積もり

神奈川県南足柄市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

神奈川県南足柄市における見積ご依頼実績 69

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
神奈川県南足柄市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は90社です。
ここでは、神奈川県南足柄市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

神奈川県南足柄市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4玄関


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
神奈川県南足柄市塚原
1,780,000
1,600,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

神奈川県南足柄市のリフォーム市場概況

神奈川県南足柄市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は73社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた神奈川県のリフォームに関する相談は年間で1,036件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

お役立ちFAQ

神奈川県の市区町村からリフォーム会社を探す

神奈川県の近くの地域を見る

神奈川県南足柄市の人口は4.27万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には4.31万人だったので、前回と比較して、-0.04万人となっています。
また、神奈川県の持ち家率は60.54%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

神奈川県では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

南足柄市の地域情報

南足柄市は、神奈川県西部に位置します。3両編成の伊豆箱根鉄道大雄山線が通り、相模沼田駅・岩原駅・塚原駅・和田河原駅・富士フィルム前駅・大雄山駅の6駅を有します。各駅から徒歩15分圏内のエリアに住宅地があり、それぞれの駅の間隔が狭いため2駅以上利用できる建物も豊富です。世帯人数に関わらず物件探しがしやすく、特に和田河原駅付近はファミリー層向けの住まいが充実しています。中古住宅は戸建てを中心に供給されており、2~4LDKの間取りが数多く、大家族向けの5~9DKの家を購入することも可能です。金太郎のふるさととして非常に有名な同市では、金太郎マークの案内標識も多く見られます。観光客が訪れる景勝地に恵まれ、酒匂川の上流内川にかかる落差23m・幅5mの夕日の滝は、金太郎の産湯に用いられたと伝えられており、川遊びやバーベキューを楽しむことができるスポットです。また富士山の景色を鮮明に眺望できる足柄峠は、万葉集にも数多くの歌が収録されているほどで、足柄万葉公園には歌碑が建てられています。なお清左衛門地獄池湧水は、1934年の創業時から富士フィルムに活用されている歴史ある工業用水で、平成の名水百選の一つです。

リフォーム・DIY体験記


水回りをキレイに保つ掃除術

賃貸マンションにかれこれ8年近く住んでいます。キッチンや洗面所、台所などの水回りのヌメリなどが大のに苦手なので念入りにお手入れするようにしています。まず、キッチンの排水口は排水口専用の小さな亀の子たわしを用意しておきます。夜ご飯が終わり、食器を洗う一番最後に排水口の部分を全て外し、亀の子たわしで磨きます。定期的に不要になった歯ブラシが出て来るので、新しい歯ブラシと交換する際に排水口の細かい部分を磨きます。月に一回、気が向いた時にキッチン用ハイターで排水口の部分を漂白します。お風呂場の排水口は、お風呂に入って全部洗い、お風呂から上がる前に不要な歯ブラシでささっと磨きます。あとは、百均などにタイルを磨くたわしが売っているのでそのたわしでお風呂のタイルをざざっとこすって洗い流します。洗面所はお風呂の浴槽を洗うタイミングで、同じたわしでささっと磨きます。
リフォームでトイレスペースを広く改善

ずっとアパート住まいでしたが、実家の親が介護施設に入居してしまったので空き家となり、そちらに引っ越すことにしました。築40年なのですが途中リフォームしたこともあり台所やお風呂は問題なく使えました。しかし唯一気になったのはトイレで、ここだけリフォームされずにそのままで和式の汲み取り式でした。さすがにこのご時世に汲み取りトイレはないだろうとすぐにリフォームを頼むことにしました。リフォーム会社はいつも通勤途中にあるお店に依頼しました。小さいところですがとても営業さんが親切でした。見積もりに来てもらうと和式便器から洋式便器に替えるにあたって、スペースが狭く便器を設置できないとのことでした。困っているとトイレの外の手洗い場までスペースを広げる提案をしてくれました。実際に出来上がるとまったく違和感がなくトイレスペースが広がりました。TOTOの最新式便器も楽々置けて見違えるようにキレイなトイレになりました。下水道をひくのにお金はかかりましたが、リフォームそのものは思ったより安く済んでとても満足しました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.