静岡県熱海市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

静岡県熱海市における見積ご依頼実績 117

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
静岡県熱海市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は23社です。
ここでは、静岡県熱海市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

静岡県熱海市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1キッチン


2風呂・浴室


3トイレ


4洗面所


5和室

静岡県熱海市のリフォーム市場概況

静岡県熱海市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は82社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた静岡県のリフォームに関する相談は年間で156件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

静岡県の市区町村からリフォーム会社を探す

静岡県の近くの地域を見る

静岡県熱海市の人口は3.70万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には3.75万人だったので、前回と比較して、-0.05万人となっています。
また、静岡県の持ち家率は67.7%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

静岡県では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

熱海市の地域情報

熱海市は、静岡県の最東部に位置し、神奈川県と接しています。熱海温泉や伊豆山温泉といった温泉が大変有名な地域で、熱海温泉については徳川家康も利用したという記録が残っています。数々のドラマの舞台にもなっていて、熱海サンビーチには「金色夜叉」の貫一とお宮の銅像があり、また熱海海上花火大会をはじめとする観光客に人気のイベントも多数開催されています。人口は約37万人で、市内の観光施設に就業する人や、近隣の湯河原町や小田原市へ就業する人も多いです。伊豆半島の入口としての役割を果たす同市には、JR東海道新幹線・東海道本線・伊東線が走行し、熱海・来宮・伊豆多賀・網代の4駅が所在します。さらに道路は国道135号や熱海ビーチラインや伊豆スカイラインなどが整備されています。都内から新幹線で40分でアクセスできることから著名人の別荘も多く見られ、各駅から徒歩5〜15分圏内のエリアで、1LDK〜3LDKタイプの中古のマンションや戸建て、リゾートマンションが供給されています。海を臨めるリビングや子供部屋が欲しい方は、立地の良い中古物件を購入して間取り変更リフォームを行い、理想の住まいを実現しましょう。

リフォーム・DIY体験記


歯ブラシを使った洗面所の掃除

一戸建てに住んでいます。湿気の多い梅雨や、寒くて換気が十分にできない冬場が特に洗面所に汚れが目立つようになります。蛇口の凹凸や、排水口の入り口部分、コップを立て掛けるフックやその吸盤など一週間もたたないうちにすぐカビが生えたりします。特に触れる回数の多い蛇口の部分は常に綺麗にしていたいので、掃除をする時は、お風呂場で使う洗剤を吹きかけて少し放置。その間に、洗面台全体を大まかにスポンジで洗って、気になる部分は使い終わりの歯ブラシを使って少しずつ磨いていきます。蛇口の部分も数分置いて磨けばすぐに綺麗になります。歯ブラシで磨く時のコツとしては、大胆にゴシゴシするよりは少しずつ汚れを落とす感じで優しく磨いた方が落ちやすいように思います。歯ブラシ1本あれば洗面台全体が綺麗になるので、使い終わりは取っておくと再利用にもなるのでおすすめです。
庭にウッドデッキを設置

自宅に、わりと広めな庭があるのですが、DIYでウッドデッキを作りました。まず、吐き出し窓の外の地面を整地して、雑草が生えないように防草シートをひきました。その上にウッドデッキの足を据えるための束石を置いて、全部を水平になるようにしました。次に柄の上に太い木を並べて、その太い木とは、90度ずらした方向に床板の下地になる木を、少し細かく並べて固定しました。これで、下地ができたので、床板を綺麗になるように並べ、床板と床板の間は同じになるようにパッキンを挟んでビスで床板を固定する作業を繰り返し、全体が完成したところで仕上げの塗装です。ここまで、全ての木には一度保護塗料で塗ってあるので、最後の仕上げです。なるべく刷毛の跡が残らないようにして、無事に完成です。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.