パナソニックキッチンのアイデアがすごい!?商品ごとの特徴を徹底比較!ラクシーナなどの施工事例を紹介!

パナソニックキッチンのアイデアがすごい!?商品ごとの特徴を徹底比較!ラクシーナなどの施工事例を一挙紹介!

ナノイー除菌や衣類スチーマーなど、数々のアイデアを生み出してきたパナソニック(Panasonic)のシステムキッチンには、たくさんのアイデアが詰めこまれています。口コミを見ると、「横並びの3口コンロが便利!」「掃除がラクになった!」「中くらいの値段の商品でもハイグレード並みに機能が充実している!」など、特に機能面に対する評判が非常に良いんです!そんなパナソニックのキッチンについて、商品(ラクシーナ・Lクラス他)ごとの特徴を比較し、価格帯別のリフォーム事例をご紹介していきます。

(※記事内情報引用元:パナソニックホームページより)

パナソニックのシステムキッチンの特徴

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/imgsearch/?product=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&kitchen_series=L%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9

多くの家電を取り扱ってきたパナソニックは、同社ならではの工夫やアイデアを活かした機能がたくさんあります。
まずは、その代表例をご紹介しましょう。

ほっとくリーンフード

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/itemlist/index.html

面倒だった換気扇周りのお手入れも、「ほっとくリーンフード」なら楽々!
毎回自動で油汚れをお掃除してくれるので、大変だったファンの掃除が何と約10年間不要になります!

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Range

油捕集板の「ラクウォッシュプレート」は、ワンタッチで着脱可能。
年に1回程度、食器洗い乾燥機で洗浄するだけでOKです。

また、コンロ上の調理物の温度をセンサーが検知し、換気風量を自動で調節してくれるので、手動運転に比べ約36%節電できます。

フラットワイドコンロ

トリプルワイドコンロ(ガス/IH)

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=TripleG

よくある3口コンロは三角形になっているため、奥のコンロが使いにくくなりがち……。
ところが、パナソニックの「トリプルワイドコンロ」は、コンロが横一列に並んでいるので、とても料理がしやすくなります。
ガス・IHのどちらにも対応可能です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Triple

また、コンロ手前のスペースは16cmと広く、鍋からお皿にスムーズに盛り付けができます。
排気口もないため、凹凸が少なく、さっと拭いて掃除が可能です。機能性、使いやすさや操作性、デザイン、どれをとっても他に劣らない文句なしの1台です。

マルチワイドIH(4口)

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Multi

さらにパナソニックのIHなら、4口横並びのタイプも選べます。
本格的な煮込み料理を作りたいときや、保温したい鍋を置くときに最適です。
料理のレパートリーがさらに豊かになることでしょう。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Multi

真ん中のヒーターの加熱範囲が変えられるので、従来のIHでははみ出していたような、大鍋やオーバル鍋も置くことができ、ホームパーティーが好きな方にもピッタリです。
間口は最小195cmから対応しているので、比較的小さなキッチンにも設置可能です。

トリプルワイド(3口)とマルチワイド(4口)の専用換気フードは浅い奥行になっているので、身長が高い人でも気にせず料理ができます。

スゴピカ素材(ラクするーシンク/シャワー水栓)

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Raku

毎日色々な料理で使うシンク周りは、水アカや油汚れ、ぬめりなどすぐに汚れてしまうので、お掃除が大変ですよね……。
この問題を、パナソニックは独自開発の有機ガラス系の「スゴピカ素材」で解決!
2018年8月に発売された新機能です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Raku

撥水性・耐久性に秀でた素材なので、水アカや油汚れも、洗剤を使わずに水拭きだけでキレイに落とすことができます。
その高い性能が評価され、スゴピカ素材は2018年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

スリムセンサー水栓

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=SlimTap

上部のセンサーに手をかざすだけで、止水・吐水をコントロールできる「スリムセンサー水栓」は、料理の下ごしらえや、食器の洗い物のときにも水栓周りを汚さず、スムーズに操作できます。
前面にあるボタンで、温度や水量を自由に設定しておくことが可能です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=SlimTap

また、水の出しっ放しを防ぐことができるので、節水効果も期待できます。
従来品と比べて、約24%も水道代を抑えられるのは嬉しいですね!

PaPaPaシンク/スキマレスシンク

PaPaPaシンク

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=PaPaPa

シーンに応じて、幅広い方ができるのが「PaPaPaシンク」。
余裕のある奥行、専用の付属品が作業をスムーズにしてくれる、下ごしらえから後片付けまで、使いやすさ抜群の流し台です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=PaPaPa

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=PaPaPa

シンクの端から端まで動かせる「スライドネット」と、大きい鍋を洗うときなどにサイドデッキ横まで動かせる「マルチラック」のおかげで、用途に合わせて作業スペースを簡単に作れます。

スキマレスシンク

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Sukima

汚れやすいシンク後ろのカウンター部分や、継ぎ目、排水口まわりの隙間もない「スキマレスシンク」もおすすめ。
汚れがたまりにくいので、お掃除が楽々です。
自由に動かせる洗剤ラック「スラくるネット」をプラスして使えば、調理も食器洗いもより効率的になります。

なお、素材は人造大理石・ステンレスのいずれかを選択可能です。

まな板キレイ乾燥機

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Dryer

「まな板キレイ乾燥機」も、食器洗い乾燥機の高い技術があるパナソニックらしい機能です。
業界初のUVキセノンランプを使用しており、まな板の除菌がたった2分ほどで完了するので、調理の前にパッと済ませることもできてしまいます!
PaPaPaシンクの水切カゴもそのままセットできるので、食器やふきんを乾かしながら収納することも可能です。

パナソニックキッチンについて
\もっと詳しく聞いてみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

商品ラインナップ!おすすめはどのキッチン?

ここで、パナソニックキッチンのラインナップをご紹介します。
ご希望内容に近いものを選ぶと、リショップナビがおすすめする商品を確認できますよ!

キッチンに対する希望に近いものは? →おすすめ商品
・ディテールにまでこだわりたい
・みんなで料理を楽しみたい
・自分好みにカスタマイズしたい
Lクラス キッチン
・リフォームにぴったりなものを選びたい
・普段のお手入れをラクにしたい
・収納力を重視している
リフォムス
・スタンダードなキッチンにしたい
・できるだけ費用は抑えたい
・でも機能やデザインにはこだわりたい
ラクシーナ
・シンプルなキッチンにしたい
・とにかく費用を抑えたい
・細かな機能はあまり必要ではない
リビングステーション
Vスタイル
画像引用:パナソニックホームページより
http://sumai.panasonic.jp/kitchen/

ここからは、各モデルごとの特徴をより細かく見ていきましょう。

Lクラス キッチン

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/imgsearch/?product=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&kitchen_series=L%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9

「Lクラス キッチン」は、デザイン・機能性ともにハイグレードな、パナソニックキッチンを象徴する商品です。

カラーバリエーションが非常に豊富だったり、カウンターの高さを1mm単位で調整できたりと、まさにオーダーメイド感覚で自分好みのキッチンにできるのが大きな魅力です。

Irori Dinning(いろりダイニング)

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/1712jukukan/

「Irori Dinning」は、料理する人と食べる人の隔たりを縮めることを目指して開発され、2018年度のグッドデザイン賞を受賞しました。
囲炉裏のようにみんなでキッチンを囲み、料理や食事、後片付けまで向かい合って一緒に楽しむことができます。

同時に対面操作が可能な「対面操作マルチワイドIH」や「ラウンドアクセスシンク」など、みんなで使えるだけでなく、無駄な動きが減るので効率的に料理ができそうです。

豊富なカラーバリエーション

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/l-class/concept/index.html?id=anc03

Lクラスキッチンは、パナソニックキッチンの中でも最多のカラーバリエーションを誇ります。

扉柄はなんと100柄!
美しいディテールのカウンターは、人造大理石・ステンレスなど29種類の中からセレクトできます。
さらに、取っ手は10種類から、引き出し内部の色はチャコールとホワイトの2色からと、豊富なラインナップの中から自由に選択可能です。

グラリオカウンター

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/l-class/concept/index.html?id=anc03

天然石の風合いを忠実に再現した、有機ガラス系の人造大理石カウンター。
きらめき感を再現し、上質感を演出しています。
5種類の天然石モチーフの柄があり、重厚感のある玄昌石モチーフのものから、上品さと高級感のある真っ白な大理石モチーフのものまで、好みに合わせて選べます。

Lクラス キッチンの基本情報

メーカー希望本体価格(税抜) 86万円〜
(間口:255cm奥行:65cmの場合)
選べるレイアウト 壁付I型/L型/アイランド
Ⅱ型/ペニンシュラ
カウンター高さ 80〜90cm
(1mm単位で調整可能)
フラットワイドコンロ
ほっとくリーンフード
スリムセンサー水栓
PaPaPaシンク
スキマレスシンク
スゴピカ素材 ラクするーシンク
シャワー水栓
まな板キレイ乾燥機

Lクラス キッチンについて
\もっと詳しく聞いてみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リフォムス

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/imgsearch/?product=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&kitchen_series=%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A0%E3%82%B9

キッチンのリフォームを検討している方必見!
パナソニックがリフォームのために展開しているキッチンが、こちらの「リフォムス」です。
主婦100人の声をもとにつくられました。

自由自在なサイズやコーディネート

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/refoms/feature/index.html

具体的にどこがリフォームに適しているかというと、それは自由自在なサイズやコーディネート。

間口の広さは1cm単位でサイズ調整できます。
カウンターの高さや奥行の変更が可能なのはもちろん、窓や梁などがある場合にも、ぴったり合わせるための部材が充実しているので、しっかりとフィットします。

利便性の高いキャビネット

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Storage

引き出しやすく整理しやすいキャビネットも、キッチンの使いやすさを向上させています。
スライド収納に連動して出てくる内引き出しや、収納物に合わせて使える仕切りパネル付きで、整理しやすく取り出しやすい形状です。
かがまなくても出し入れできるため、体の負担や家事のストレスを大幅に軽減します。

リフォムスの基本情報

メーカー希望本体価格(税抜) 86万円〜
(間口:255cm奥行:65cmの場合)
選べるレイアウト 壁付I型/L型/アイランド
Ⅱ型/ペニンシュラ
カウンター高さ 80・85・90cm
フラットワイドコンロ
ほっとくリーンフード
スリムセンサー水栓
PaPaPaシンク
スキマレスシンク
スゴピカ素材 ラクするーシンク
シャワー水栓
まな板キレイ乾燥機

リフォムスについて
\もっと詳しく聞いてみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ラクシーナ

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/imgsearch/?product=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&kitchen_series=%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8A

「ラクシーナ」はお料理のしやすさや楽しさの実現にとことんこだわってつくられたキッチンです。
「スキマレスシンク」、「トリプルワイドコンロ」、省エネにも考慮した「エコナビ」や「トリプルセンサー水栓」、そして小さいけどあると嬉しい「クッキングコンセント」など、欲しかった機能が盛りだくさん。

ナノイー効果

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Cupboard

家電や食器、根菜、ダストボックスまでしまえるカップボードは、浮遊カビを抑制する「ナノイー」を搭載。
必需品が常にすぐとれる位置にあるので、作業スピードがアップします。

木目柄のオープンボックス

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/lacucina/concept/index.html?id=anc02

ラクシーナには、2018年8月発売された、オープンボックスが設置可能です。
木目柄のボックス内を食器や雑貨などで飾って楽しむことができます。

ラクシーナの基本情報

メーカー希望本体価格(税抜) 79万円〜
(間口:255cm奥行:65cmの場合)
選べるレイアウト 壁付I型/L型/アイランド
Ⅱ型/ペニンシュラ
カウンター高さ 80・85・90cm
フラットワイドコンロ
ほっとくリーンフード
スリムセンサー水栓
PaPaPaシンク
スキマレスシンク
スゴピカ素材 ラクするーシンク
シャワー水栓
まな板キレイ乾燥機

ラクシーナについて
\もっと詳しく聞いてみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リビングステーション Vスタイル

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/imgsearch/?product=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&kitchen_series=V-style

シンプルでスタンダードでありながらも、「スキマレスシンク」や 「トリプルワイドコンロ」など、使い勝手の良い収納や省エネ機能などはしっかりと備えた「リビングステーション Vスタイル」。
比較的リーズナブルに、パナソニックのこだわりが詰まったキッチンを手に入れられるのが特徴です。

近年は奥行65cmのキッチンが主流ですが、リビングステーション Vスタイルは奥行60cmを選択可能です。
この5cm分の差は想像以上に大きく、既存のキッチンの奥行が60cmだと、65cmにサイズアップすることでスペースが狭くなってしまうこともしばしば。
奥行60cmのままでリフォームされたい方におすすめです。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Eco

また「LEDライン照明」は、シンクからカウンターまで明るさが統一されます。
手元を均一に照らしてくれるので、手際良く料理ができます。
キッチンと一体化したデザインもスタイリッシュですね。

リビングステーション Vスタイルの基本情報

メーカー希望本体価格(税抜) 65万円〜
(間口:255cm奥行:65cmの場合)
選べるレイアウト 壁付I型/L型
ペニンシュラ
カウンター高さ 80・85・90cm
フラットワイドコンロ
(4口IHは非対応)
ほっとくリーンフード
スリムセンサー水栓
PaPaPaシンク
スキマレスシンク
スゴピカ素材 シャワー水栓
まな板キレイ乾燥機

Vスタイルについて
\もっと詳しく聞いてみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

価格帯別リフォーム事例

最後に、リショップナビ加盟店にて、パナソニックのシステムキッチンを用いて行った施工事例をご紹介します。
費用やリフォーム内容をぜひ参考にしてくださいね!

50〜100万円

開放的な対面キッチンへのリフォーム

物件種類 一戸建て
製品名 ラクシーナ
リフォーム費用 74万円
今回は家全体のフルリフォームを行ったということもあり、キッチンのリフォームについては74万円で実施することができました。間仕切りを撤去しキッチンの場所を移動した結果、非常に開放的な対面型のキッチンに。キャビネットの扉柄カラーが、木目調のインテリアの中でちょうど良いアクセントになっていますね。

100〜150万円

シンプルモダンなカウンターキッチン

物件種類 マンション・アパート
製品名 Lクラス
リフォーム費用 127万円
デザイン性に優れたLクラスに交換しました。カウンター下の収納も充実しており、使いやすさ抜群。なおダイニング側には大きめサイズのカウンターを設置しているので、軽食や読書などを楽しむのも良いですね。

明るい印象のオープンキッチン

物件種類 マンション・アパート
製品名 ラクシーナ
リフォーム費用 149万円
吊戸棚や壁を撤去することにより、リビングダイニングから光が差し込む、明るいキッチンになりました。背面には大容量のカップボードを設置しているので、食器や食品などをしっかり収めることが可能です。

150万円〜

全体を見渡せるアイランドキッチン

物件種類 一戸建て
製品名 ラクシーナ
リフォーム費用 179万円
動線を考慮し、料理がしやすくLDK間の行き来も容易な、アイランド型のキッチンにリフォームしました。コンロには、レンジフード部分までカバーする油はねガードを設置しているので、リビング側に油がはねてしまう心配はありません。さらに背面には冷蔵庫なども収納できるパントリーを設置したので、非常にスタイリッシュな空間を実現しました。

白を基調としたLDK空間

物件種類 マンション・アパート
製品名 ラクシーナ
リフォーム費用 195万円
こちらもキッチン周りの壁を撤去して、開放感のあるオープンキッチンにリフォームしました。ダイニング側に立ち上がりカウンターがあるタイプを採用しているので、しっかりと手元を隠しながら料理をすることが可能です。内装との統一感もある、とてもおしゃれなLDKになりました。

以上、パナソニックのシステムキッチンをご紹介しました。
同社独自のアイデアが存分に詰まったハイスペックキッチン、使ってみなくてもわかる使いやすさ、ぜひ体感してみたいですね!

ショールームに足を運んで実際に見たり触ったりするのも良いですが、キッチンリフォームに精通したリフォーム会社に相談してみるのもおすすめです!
他メーカーとの違いや今回紹介しきれなかったパナソニックキッチンの魅力、予算や希望内容に合わせたリフォームプランなど、分かりやすく説明してくれますよ!

キッチンリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント◎】

パナソニックのシステムキッチンの特徴とは?
レンジフード(換気扇)のファンの掃除が約10年間不要になる「ほっとくリーンフード」や、横並びに3口・4口のコンロを配置できるなど、パナソニック独自の工夫を凝らしたアイデアがたくさん詰まっています。(詳しくはこちら)
パナソニックのシステムキッチンの、グレードの違いなどを比較したい!
主な商品の一覧や、「Lクラス キッチン」や「ラクシーナ」などのシステムキッチンの魅力についてまとめています。(詳しくはこちら)
パナソニックのシステムキッチンにリフォームした事例を見たい!
「50〜100万円」「100〜150万円」「150万円〜」の価格帯別に、施工事例を掲載しています。(詳しくはこちら)

キッチンリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場
>> トクラスやクリナップなど国内のシステムキッチンメーカー11社比較

更新日:2019年5月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • リフォーム前に知っておきたい!失敗しないキッチン収納をつくる5ポイント

    毎日長い時間を過ごすキッチン、なるべく使いやすい空間にしたいですよね。そこで、ここでは新築やリフォームでキッチンを考える前に知っておきたい便利なキッチン収納をご紹介します!

  • 本当に使いやすいキッチンのサイズ・寸法は?システムキッチンの規格サイズって?

    キッチンのサイズが最適だと、体の負担軽減や家事の効率アップに繋がります。だからこそ、キッチンをリフォームする際には、この機会に使いやすいサイズ・寸法のものを設置したいですよね。キッチンのサイズ選びでは、一般的なキッチン本体の幅・高さ・奥行きをチェックするだけではなく、作業動線や通路幅の確保、吊り戸棚の設置位置なども検討することが大切です。まずは、一般的なシステムキッチンの標準・規格サイズも確認した上で、ご自宅に合ったキッチンのサイズの決め方について、一緒に考えてみましょう。

  • 【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • リクシル(LIXIL)システムキッチンの特徴・リフォーム価格/事例!アレスタ・シエラなどの商品も比較

    リクシル(LIXIL)のシステムキッチンは、使い心地の良さはもちろんのこと、デザインにも非常にこだわってつくられています。口コミを見ても「掃除が簡単でとても快適」「デザインに一目惚れした」「収納力が抜群!」「調理器具が取り出しやすい」「料理が楽しくなった」など、高く評価されています。今回は、リクシルのシステムキッチンの主な特徴、商品ごと(シエラ・アレスタ・リシェルなど)のリフォーム価格などの比較、施工事例まで、幅広くご紹介します。

  • クリナップのシステムキッチンの価格や施工例!人気のラクエラ・ステディア・セントロの特徴比較も

    クリナップのシステムキッチンは、ステンレス製のキャビネットや、充実した機能と価格のバランスがいい点から、人気が高いです。キッチンは長い期間、かつ毎日使用する場所なので、どのシステムキッチンにするべきか迷ってしまいますよね。ここでは、クリナップの中〜高グレードのキッチン「セントロ・ステディア・S.S.・クリンレディ・ラクエラ・コルティ」の特徴や費用を比較、リフォーム事例もご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.