リクシル(LIXIL)の洗面台/洗面化粧台の特徴・商品・価格・リフォーム事例を一挙紹介!

リクシルは、INAX(イナックス)のブランドにて、おしゃれさと快適さを兼ね備えた、人気の高い洗面化粧台をたくさんラインナップしています。間口のバリエーションも豊富で、人気の750・600といった規格サイズはもちろんのこと、カウンター幅を2mm単位で調整可能なモデルも用意されています。今回は、リクシルの洗面化粧台について、特徴や商品(ピアラ・ルミシス・L.C.他)ごとの違い、価格帯別のリフォーム事例をご紹介します!

(※記事内情報引用元:LIXILホームページより)

リクシルの洗面化粧台の特徴

リクシルは、経営統合前のINAX時代から、使い勝手やお手入れのしやすさ、デザイン性を考慮した洗面化粧台を作り続けてきました。
豊富なラインナップの中から、必要な機能や予算帯に合わせてピッタリのものを選ぶことができます。

そんなリクシルの洗面化粧台について、代表的な特徴からご説明します。

新てまなし排水口

リクシルの洗面化粧台は、排水口のお掃除が簡単!
排水栓を容易に取り出すことができ、水はけが良い仕様になっているので、溜まった髪の毛やゴミなどを簡単に捨てることができます。
入り口部分(フランジ)の入り隅や排水口の奥の方に凹凸がないので、ブラシなどでのお手入れも楽々です。

タッチレス水栓 ナビッシュ

手洗いや歯磨きなどを楽にしてくれる機能が、この「タッチレス水栓 ナビッシュ」!
用途によって、センサー感知により自動で水が出てくる自動吐水と、ハンドル操作による手動吐水とを使い分けることができます。
特に切り替える際の操作などは必要ないので、色々な使い方をするご家族にとっては非常に便利な機能ですね。

即湯水栓

この「即湯水栓」は、特に冬場にはとてもありがたい機能です。
従来であれば、ハンドルをひねってからお湯が出るまでにしばらく待たなければなりませんが、リクシルの洗面化粧台なら、ハンドルをひねるとすぐにお湯が出てきます。

(※4人家族、朝晩にお湯を使用、給湯配管長さが12mの場合の試算。)

お湯待ちの時間を短くできるだけでなく、お湯待ちの間の捨て水を大幅に削減することができるので、非常に経済的です!

エコハンドル

洗面台で水を出す際、無意識にお湯を使ってしまうことはありませんか?
「エコハンドル」なら、使用頻度の高い正面の位置で「水」が流れるような設計になっており、お湯が混ざる位置はクリックで知らせてくれます。

(※東京都・都市ガス・4人家族の場合の試算。)

この機能により、通常通りの使用に比べて約30%の給湯エネルギーを抑えることが可能です。
年間で1,200円ほど節約することができるのはうれしいですね!

スマートポケット

メイク道具など、いつも使う小物をすぐに取り出すことができる機能です。
手の届きやすい位置にあるので、朝の支度もテキパキ行えますね。

リクシル洗面台について
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

商品ラインナップ一覧

ここで、リクシルの洗面化粧台にはどのような商品があるか、簡単に把握しておきましょう。

モデル メーカー希望価格
(税抜)
間口サイズ(mm) 洗面器の素材
ルミシス
ボウル一体タイプ
24〜107万円 750〜1,850
(2mm単位で調整可)
人造大理石
ルミシス
ベッセルタイプ
38~74万円 750〜1,850
(2mm単位で調整可)
陶器製
ルミシス セレクト
33~62万円 750
900
1,000
1,200
人造大理石
L.C.
26~53万円 750
900
1,000
1,200
人造大理石
ピアラ
15~35万円 500
600
750
900
人造大理石
オフト
8~19万円 500
600
750
陶器製
エスタ
13~37万円 600〜1,350
(※タイプによって異なる)
選択可能
リフラ
7~18万円 600 人造大理石

それでは、それぞれの商品の特徴について、さらに詳しくご説明します。

ルミシス シリーズ

リクシル洗面台の最高傑作「ルミシス」。
エレガントなデザインでホテルのパウダールームにいるような雰囲気です。
高級感ある美しいデザインはもちろん、サイズ、ボウル、キャビネット、ミラー、水栓まで全てお好みでカスタムできるのも魅力です。

なお、ルミシスには「ボウル一体タイプ」「ベッセルタイプ」「セレクト」の3種がありますが、まずはそれらに共通する特徴からご紹介します。

ピッタリサイズに間口調整可能

「ボウル一体タイプ」と「ベッセルタイプ」は、間口の調整が柔軟にできるのも魅力的です。
キャビネットやミラーは50mm単位、カウンター部分は2mm単位でオーダー調整OK。
万一、壁との間にスキマができてしまっても、統一感のあるデザインの「間口調整材」の活用で解決!
ピッタリサイズの洗面台にリフォームできます。

ラピシアカウンター

カウンターには、本物のような高い質感を表現する人造大理石カウンター「ラピシアカウンター」を使用。
鏡面仕上げにより、非常に滑らかな触り心地を実現しています。

フェイスフルライト

ミラーキャビネットには、顔全体を照らすことのできるLED照明「フェイスフルライト」を搭載。
顔に影ができにくく、メイクもしやすいのが嬉しいですね。
ファンデーションのムラのチェックや、ひげの剃り残しがないかを確認できるので便利です。

ルミシス ボウル一体タイプ

「ルミシス ボウル一体タイプ」は、リクシルが誇る最高品質の洗面化粧台です。
ともに人造大理石を使ったカウンターと洗面器とが一体になっており、まさにホテルのような洗面空間を演出してくれます。
なお、ボウルを2連にすることも可能なので、慌ただしい朝の時間帯でも2人同時に身支度を済ませることができます!

ルミシス ベッセルタイプ

同じルミシスシリーズで、狭い洗面室でもデザイン性の高さにこだわりたい方には、「ルミシス ベッセルタイプ」が人気です。

ワイドスクエアボウル

ボウルデザインは、全3タイプ。
陶器製でスッキリ形状の「スクエアボウル」「オーバルボウル」もシンプルで素敵ですが、特におすすめなのは、「ワイドスクエアボウル」です。
大型サイズなので洗濯の予洗いも楽々♪

ワイドスクエアボウルだけでなく、ルミシスベッセルタイプの全てボウルには、汚れが簡単に落ちる「アクアセラミック」の機能が搭載されています。

ルミシス セレクト

「ルミシス セレクト」は、間口の広さをピッタリのサイズにオーダーすることができず、750mm・900mm・1,000mm・1,200mmの規格サイズからの選択式になっている分、比較的お手頃な金額でルミシスにリフォームすることができる商品です。
ラピシアカウンターやタッチレス水栓といった機能はしっかりと搭載されています。

ルミシスについて
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

L.C.(エルシィ)

とにかくスマートなドレッサーを追求し作られたのが「L.C.」。
デザイン、収納、使い勝手、清掃性、エコ、どれをとっても必要最低限の機能性は備えつつ無駄のないスマートなモデルです。

キレイアップ水栓・キレイアップカウンター

上から水が出る「キレイアップ水栓」は、衛生面バッチリです。
水栓のまわりに水がたまらないので、面倒だった拭き掃除も簡単に済ませられます。

さらに洗面器と一体成型の「キレイアップカウンター」は、継ぎ目がないのでサッとひと拭きできるスタイリッシュな形状。
バックガードがミラーの下まであるので、水の飛び散りも軽減できます。

ひろびろストッカー

L.C.の収納キャビネットは、奥行き500mmと小型のデザイン。
ところが、従来品よりも底面積がおよそ500c㎡(約12%相当)広がっており、キャビネットの隅々まで収納できる大容量設計です。
上段と下段も、使いやすい高さにセットされているので、整理しやすいでしょう。

L.C.について
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ピアラ

「ピアラ」は家族みんなが使いやすく、をコンセプトにしています。
使用感抜群の大きめのボウル、水仕事を充実させられる仕様が特徴です。

ひろびろボウル

使いやすさも広さも兼ね備えた、大きな洗面ボウル。
底の部分が平らで広々としているので、バケツでの水くみや洗顔、洗髪などがしやすいような仕様になっています。

くるくる水栓

壁付の水栓は、左右に180度回転するようになっています。
水を流したい位置に蛇口を向けることができるため、2人同時に朝の身支度をする、なんてことも可能です。
また、収容できるホースを伸ばせばハンドシャワーにもなるので、シャツなどの部分洗いの時も快適です。

ピアラについて
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

その他

オフト

「オフト」の特徴は、どんな場所にもフィット可能な点。
奥行きが500mmとコンパクトで、高さは1,800mm・1,850mm・1,780mmの中から選ぶことができます。
ミラーは梁の高さに合わせて10mm単位で場所変更できるので、場所を選ばず設置できます。

ラクとれヘアキャッチャー

排水口部分の「ラクとれヘアキャッチャー」は、押すだけで開閉OK。
その名の通り、髪の毛がからまらず、スルッととることができ、凹凸が少ないのでブラシでササッとお手入れ可能です。
(※シングルレバー洗髪シャワー水栓と組み合わせた場合のみ)

エスタ

「エスタ」は 、第二の洗面台向けに生まれた商品。そのため、非常にミニサイズです。
メインの洗面台の他に、2階のトイレ横、玄関横など「ここにもあったら」という場所に設置するためコンパクトであることが特徴です。

奥行きコンパクト

奥行きは、ボウル一体タイプなら440mm、ベッセルタイプなら450mmと、かなりの省スペース。
生花や絵などの趣味のために。起きてすぐ使えるように寝室に。スポーツ帰りにすぐ手を洗えるように玄関に。
様々な場所へ増設するのに適しています。

オフトエスタについて
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リフラ

「リフラ」は、リクシルの洗面台ラインナップ史上、最もコンパクトな洗面台です。
奥行き370mmでどんなところにも設置が可能なので、リフォームにもピッタリです。

フィットしやすいスリム形状

奥行き370mmのリフラは、廊下の途中や突き当たりでも決して邪魔にならない優良サイズ。
インテリアとも融合するシンプルで飾らないデザインで、色々な場所にジャストフィットします。
狭小住宅や、2階などに洗面台をもう一台置きたい場合や、リフォームしたい場合にも適しています。

スリムサイズのリフラは、見た目だけではなく本体自体も軽量です。
洗面台のリフォームだけではなく、増設したい時にも手軽に導入できるのがメリットです。

リフラについて
\もっと詳しく聞いてみたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

価格帯別のリフォーム事例

最後に、リショップナビの加盟店にて、リクシルの洗面化粧台を使って施工したリフォーム事例を、価格帯別にご紹介します。
洗面台リフォームのお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

〜20万円

限られたスペースでの洗面化粧台リフォーム

物件種類 一戸建て
製品名 ピアラ
リフォーム費用 11万円
設置スペースが限られていたため、収納スペースが広いタイプを採用。また、既存のものに比べ洗面器が大きくなったので、洗顔や洗濯がしやすくなりました。シンプルでスタイリッシュなデザインが良いですね。

充実機能の洗面化粧台に交換

物件種類 一戸建て
製品名 L.C.
リフォーム費用 19.5万円
20年以上使用していた洗面化粧台から水漏れが発生したため、急遽交換リフォームを実施しました。L.C.には、「キレイアップ水栓」や水の飛び散りを防ぐ「ハイバックガード」など、お掃除を楽にするための機能が満載。20万円未満でリフォームすることができました。

20〜40万円

モダンなデザインの洗面化粧台にリフォーム

物件種類 一戸建て
製品名 ピアラ
リフォーム費用 27.6万円
シンプルデザインのピアラを採用した事例です。左側にはトールキャビネットを配置しているので、収納性抜群。床には花柄のタイル調クッションフロアを採用しており、ダークブラウンの洗面化粧台と上手くマッチしています。

40万円〜

収納スペース充実の洗面化粧台に交換

物件種類 マンション・アパート
製品名 ルミシス
リフォーム費用 44万円
収納性抜群の「ルミシス」。3面鏡の背面は全て収納スペースになっています。さらに脇にはトールキャビネットを配置しているので、タオルやシャンプーのストックなど、たっぷりしまうことができます。ドレッサーに合わせて、クロスもナチュラルなテイストのものを採用しています。

ホテルライクな高級感漂う洗面化粧台

物件種類 マンション・アパート
製品名 ルミシス
リフォーム費用 104万円
リクシルが誇るプレミアム・ドレッサーの「ルミシス」を採用し、ホテルさながらの、ラグジュアリーな洗面所が実現できました。一面のオーダーミラー、本物の大理石のようなラピシアグレーのカウンターが高級感を演出しています。

以上、リクシルの洗面台をご紹介しました。
使う人のことを考えた機能がたくさん搭載されている、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

毎日使うものなので、洗面台についての知識が豊富なリフォーム会社に相談しながら、納得の一台を決められると良いですね!

希望に合った洗面台はどれ?
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 洗面台リフォーム費用相場
>> 洗面台メーカー人気の8社を徹底比較!

更新日:2019年5月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面所のおすすめ記事

  • 「使いやすさ」も「おしゃれさ」もゆずれない!オリジナルの洗面所をつくる

    洗面所は、毎朝毎晩、必ず使用する場所。朝の始まりは洗顔から、という方も多いはず。しかし、それにも関わらず、そのデザイン性はあまり重視されてきませんでした。居間やキッチンはこだわっていても、洗面所は普通、というご家庭は多いです。洗面所は、家族みんなが毎日使用する場所ですから、こだわってみるのもいいのではないでしょうか。

  • リフォームする前に見ておきたい、使い勝手のいい洗面所をつくるコツ!

    メイクや歯磨きをしたり、顔を洗ったりと、毎日使う洗面所だからこそ快適な空間にしたいですよね。洗面所をリフォームする際に気を付けたいポイントは4つあります。これを押さえておけば、使い勝手の良い洗面所を作ることができます♪

  • 洗面台リフォームは高さ・サイズに注意!失敗例から学ぶ選び方のコツとは?

    洗面カウンターの高さが身長に合わず、洗顔の度に腰が痛い……そんな方はいませんでしょうか?新しい洗面台にリフォームする際には、ついつい予算やデザイン、便利な機能などに目がいってしまいがちですが、床から洗面ボウルまでの高さや洗濯機との隙間、洗面ボウルの形状、といった細かい部分にも注意が必要です。そこで今回は、よくありがちな洗面台リフォームの失敗例をもとに、洗面台及び洗面化粧台の選び方のコツについて学んでいきましょう。

  • TOTOの洗面台がすごい!圧倒的な機能性が魅力♪

    水まわり設備に力を入れているTOTO。洗面台はスタンダードながらもボール周りがしっかり作られ、機能性が高いのが特長です。今回はこのTOTOの洗面台について詳しくご紹介します。

  • 洗面台・洗面所のリフォームを激安・格安でするための6箇条!

    洗面台の交換をするときには、おしゃれで使いやすい製品が多いために、うっかり予算を超えてしまうことが多いです。洗面所のリフォームを激安・格安で行うには、どのようにしたら良いのでしょうか。今回は、理想的な価格で洗面台・洗面所をリフォームするためのポイントについて解説していきます。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.