【2024年】60万円以上の補助金も可能!住宅省エネ2024キャンペーンを解説!

更新日:2024年02月20日

60万円以上の補助金も可能!住宅省エネ2024キャンペーンを解説!

住宅省エネ2024キャンペーンでは、補助金を利用した省エネリフォームができます。
「子育てエコホーム支援事業」「先進的窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」「賃貸集合給湯省エネ2024事業」の4事業から成り、断熱改修やエコ住宅設備の設置などのリフォームで活用しやすい制度です。
本記事ではそれぞれの事業の補助金額や対象工事について解説します。

(※出典:住宅省エネ2024年キャンペーン総合サイト(国土交通省)より)
上記を加工して作成

住宅省エネ2024キャンペーンとは?

住宅省エネ2024キャンペーンは、「子育てエコホーム支援事業」「先進的窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」「賃貸集合給湯省エネ2024事業」の4事業の総称です。
2023年度のキャンペーンに引き続き、2024年度も実施されます。

本事業は、国土交通省、経済産業省、環境省の3つの省庁が連携しているため、補助対象が重複していない限り併用可能になっています。

22023年度の補助金は全て終了し、それらの後継事業が発表されましたのでご紹介します。

事業名 主な対象工事 補助金額
子育てエコホーム支援事業 ● 開口部や外壁などの断熱改修
● エコ住宅設備の設置 など
5万円以上
(上限20~60万円)
先進的窓リノベ2024事業 ● 窓の断熱改修工事 5~200万円/戸
(工事内容ごとに定額)
給湯省エネ2024事業 ● 高効率給湯器の設置 8~20万円/台
賃貸集合給湯省エネ2024事業 ● 潜熱回収型給湯器の設置
(既存賃貸集合住宅向け)
5~7万円/台

上記の4事業には次の共通点があります。

● 申請手続きはリフォーム業者が行い、交付された補助金を住宅所有者などに還元する
● 2023年11月2日以降に対象工事を実施する

2024年度「子育てエコホーム支援事業」

太陽光パネルを設置した戸建て

子育てエコホーム支援事業」とは、2023年に実施していた「こどもエコすまい支援事業」の後継事業です。
省エネリフォームを支援することで2050年カーボンニュートラルの実現を目指しているため、断熱改修やエコ住宅設備の設置リフォームなどで利用しやすい制度です。

「子育てエコホーム支援事業」は、次の2つを補助対象にしています。

  • 子育て世帯・若者夫婦世帯による住宅の新築
  • 住宅のリフォーム

この内、本記事では「住宅のリフォーム」の補助金についてご紹介します。

本制度は「子育てエコホーム支援事業」という名称ですが、住宅のリフォームに関しては子育て世帯でなくても利用できます。

補助金額と対象工事

「子育てエコホーム支援事業」は、世帯の種類や長期優良住宅の認定の有無によって補助金額の上限が異なります。

世帯 補助金額
子育て世帯・若者夫婦世帯 上限30万円/戸
(※1 上限45万円/戸)
(※2 上限60万円/戸)
その他の世帯 上限20万円/戸
(※1 上限30万円/戸)

※1 長期優良住宅の認定を行う場合
※2 既存住宅購入してリフォームを行う場合

<子育て世帯・若者夫婦世帯の基準>

子育て世帯:申請時点で18歳未満の子を有する世帯
若者夫婦世帯:申請時点でいずれかが39歳以下の夫婦世帯

続いて、対象工事をご紹介します。

「子育てエコホーム支援事業」には、必須工事と任意工事があり、必須工事(①~③)のいずれかを行う必要があります。

必須工事 ①開口部の断熱改修
②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
任意工事 ④子育て対応改修
⑤防災性向上改修
⑥バリアフリー改修
⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

補助金額は対象工事ごとに設定されており、補助金額の合計が5万円以上にならないと本制度は利用できません。
※「先進的窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」「賃貸集合給湯省エネ2024事業」と併用し、その中に①~③の工事を含む場合は、本事業の申請当たりの合計補助金額が2万円以上でも申請可能になります。

それでは、①~⑧の具体的な工事内容と補助金をご紹介します。

①開口部の断熱改修(必須工事)

開口部の断熱改修の対象工事は次の3つです。

● ガラス交換
● 内窓設置・外窓交換
● ドア交換

ガラス交換(省エネ基準レベル)
大きさ区分 補助金額
小(0.1㎡以上、0.8㎡未満) 3,000円/枚
中(0.8㎡以上、1.4㎡未満) 8,000円/枚
大(1.4㎡以上) 11,000円/枚
内窓設置・外窓交換(省エネ基準レベル)
大きさ区分 補助金額
小(0.2 ㎡以上、1.6 ㎡未満) 17,000円/箇所
中(1.6㎡以上、2.8 ㎡未満) 20,000円/箇所
大(2.8㎡以上) 25,000円/箇所
ドア交換(省エネ基準レベル)
扉の種類 大きさ区分 補助金額
開戸 小(1.0 ㎡以上、1.8㎡未満) 32,000円/箇所
大(1.8㎡以上) 37,000円/箇所
引戸 小(1.0 ㎡以上、3.0㎡未満) 32,000円/箇所
大(3.0㎡以上) 37,000円/箇所

①の工事(開口部の断熱改修)をZEHレベルで行う場合、省エネ基準レベルよりも補助金額が1,000~12,000円ほど多くなります。

>> 断熱リフォームの種類を解説!費用と工期の目安はどれ位?
>> 窓の断熱リフォームの費用やメリット・デメリットを解説

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(必須工事)

一定量以上の断熱材を使用する改修以外にも、部分断熱も補助対象になります。
部分断熱の断熱材最低使用量は、通常の省エネ基準レベルの量の約半分です。

施工箇所 分類 補助金額
外壁 省エネ基準レベル 112,000円/戸
省エネ基準レベル(部分断熱) 56,000円/戸
屋根・天井 省エネ基準レベル 40,000円/戸
省エネ基準レベル(部分断熱) 20,000円/戸
省エネ基準レベル 72,000円/戸
省エネ基準レベル(部分断熱) 36,000円/戸

②の工事(外壁、屋根・天井又は床の断熱改修)をZEHレベルで行う場合、省エネ基準レベルよりも補助金額が7,000~39,000円ほど多くなります。

③エコ住宅設備の設置(必須工事)

エコ住宅設備の設置は、節水型トイレや高断熱浴槽などの設置が対象です。
設置するエコ住宅設備には定められた基準以上の性能である必要があります。

設置する設備 補助金額
節湯水栓 5,000円/台
節水型トイレ 20,000円/台
22,000円/台
(掃除しやすい機能あり)
太陽熱利用システム 30,000円/戸
高断熱浴槽 30,000円/戸
高効率給湯器 30,000円/戸
蓄電池 64,000円/戸

>> 節水効果が期待できるタンクレストイレ!リフォーム費用相場は?

④子育て対応改修(任意工事)

子育て対応改修には、主に次の工事が該当します。

● 家事負担軽減の工事
● 防犯性向上の工事
● 生活騒音対策の工事
● 対面キッチン化の工事

いずれも設置する設備には基準が設けられているため、リフォーム前に確認しておくとよいでしょう。

家事負担軽減の工事には、宅配ボックスやビルトイン食器洗機の設置工事などがあります。
それらの補助金額は次の通りです。

家事負担軽減の工事
設置する設備 補助金額
宅配ボックス 11,000円/戸
掃除しやすいレンジフード 13,000円/戸
ビルトイン自動調理対応コンロ 14,000円/戸
ビルトイン食器洗機 21,000円/戸
浴室乾燥機 23,000円/戸

防犯性向上の工事には、「外窓交換」「ドア交換」などがあります。
それらの補助金額は次の通りです。

防犯性向上の工事【外窓交換】
大きさ区分 補助金額
小(0.2㎡以上、1.6㎡未満) 22,000円/箇所
中(1.6㎡以上、2.8㎡未満) 26,000円/箇所
大(2.8㎡以上) 37,000円/箇所
防犯性向上の工事【ドア交換】
扉の種類 大きさ区分 補助金額
開戸 小(1.0㎡以上、1.8㎡未満) 38,000円/箇所
大(1.8㎡以上) 54,000円/箇所
引戸 小(1.0㎡以上、3.0㎡未満) 38,000円/箇所
大(3.0㎡以上) 54,000円/箇所

生活騒音対策の工事内容には「ガラス交換」「内窓設置・外窓交換」「ドア交換」があります。
それらの補助金額は次の通りです。

生活騒音対策の工事【ガラス交換】
大きさ区分 補助金額
小(0.1㎡以上、0.8㎡未満) 3,000円/枚
中(0.8㎡以上、1.4㎡未満) 8,000円/枚
大(1.4㎡以上) 11,000円/枚
生活騒音対策の工事【内窓設置・外窓交換】
大きさ区分 補助金額
小(0.2 ㎡以上、1.6 ㎡未満) 17,000円/箇所
中(1.6㎡以上、2.8 ㎡未満) 20,000円/箇所
大(2.8㎡以上) 25,000円/箇所
生活騒音対策の工事【ドア交換】
扉の種類 大きさ区分 補助金額
開戸 小(1.0 ㎡以上、1.8㎡未満) 32,000円/箇所
大(1.8㎡以上) 37,000円/箇所
引戸 小(1.0 ㎡以上、3.0㎡未満) 32,000円/箇所
大(3.0㎡以上) 37,000円/箇所

壁付けのキッチンを対面キッチンに交換する場合の補助金額は次の通りです。

工事内容 補助金額
対面キッチン化の工事 90,000円/戸

⑤防災性向上改修(任意工事)

防災性向上改修は、主に次の工事が対象です。

● ガラス交換
● 外窓交換

暴風時の飛来物に対して一定以上の安全性が確認できた製品など、基準を満たした建材を使用する必要があります。

ガラス交換
大きさ区分 補助金額
小(0.1㎡以上、0.8㎡未満) 7,000円/枚
中(0.8㎡以上、1.4㎡未満) 12,000円/枚
大(1.4㎡以上) 17,000円/枚
外窓交換
大きさ区分 補助金額
小(0.2 ㎡以上、1.6 ㎡未満) 16,000円/箇所
中(1.6㎡以上、2.8 ㎡未満) 27,000円/箇所
大(2.8㎡以上) 41,000円/箇所

⑥バリアフリー改修(任意工事)

バリアフリー改修は、手すりの設置や段差解消などが対象になります。

手すり設置や段差解消は、工事を伴わないものや据え置きタイプでは対象にならないのでご注意ください。

工事内容 補助金額
手すり設置 5,000円/戸
段差解消 7,000円/戸
衝撃緩和畳の設置 20,000円/戸
廊下幅などの拡張 28,000円/戸

>> 介護リフォーム・バリアフリーリフォームの費用相場

⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置(任意工事)

対象設備には基準があり、特定の試験機関で効果が認められたものを使用する必要があります。

エアコンの冷房能力 補助金額
2.2kW 以下 19,000円/台
2.2kW超〜3.6kW未満 23,000円/台
3.6kW以上 26,000円/台

⑧リフォーム瑕疵保険等への加入(任意)

工事以外にも、リフォーム瑕疵保険等へ加入することで補助金を受けられる場合があります。
対象は「リフォーム瑕疵保険」「大規模修繕工事瑕疵保険」です。

内容 補助金額
リフォーム瑕疵保険等への加入 7,000円/契約

申請期間

交付申請期間:2024年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)
※交付申請は工事完了後に行います。

また、工事完了後でなくても「交付申請の予約」を行うことが可能です。
予約をすることで一定期間補助金が確保されます。
その期間内に交付申請を行い交付決定されれば、補助金を利用できます。

<補足>

「子育てエコホーム支援事業」の前事業である2023年度の「こどもエコすまい支援事業」は、2023年3月31日に受付開始し、2023年9月28日に予算に達して終了しています。
「子育てエコホーム支援事業」も早めに受付終了する場合がありますので、なるべく早めの申請や交付申請の予約をおすすめします。

こどもエコすまい支援事業との違い

2023年の「こどもエコすまい支援事業」と2024年の「子育てエコホーム支援事業」はほぼ同じ内容ですが、補助上限額や各リフォームの補助金額が少し異なります。

事業名 対象 補助金額
こどもエコすまい支援事業 子育て世帯または若者夫婦世帯 上限45万円/戸
(※1 上限60万円)
その他の世帯 上限30万円/戸
(※2 上限45万円/戸)
子育てエコホーム支援事業 子育て世帯または若者夫婦世帯 上限30万円/戸
(※1 上限60万円/戸)
(※3 上限45万円/戸)
その他の世帯 上限20万円/戸
(※3 上限30万円/戸)

※1 既存住宅or安心R住宅の購入を含む場合
※2 安心R住宅の購入を含む場合
※3 長期優良住宅の認定を受ける場合

「こどもエコすまい支援事業」では、既存住宅などを購入してリフォームを行う場合、どの世帯も共通で補助上限額が引き上げられていました。
しかし「子育てエコホーム支援事業」では、その他の世帯は補助上限額引き上げの対象外になりました。

前事業と比較して「子育てエコホーム支援事業」は補助上限額が減ってしまいましたが、エコ住宅設備の設置や防災性向上改修などで受け取れる補助金額が上がっています。

各リフォームの補助金額自体は上がっているため、補助上限額に達するような工事をしない限り、利用できた際の恩恵は大きくなったと言えます。

補助金の相談もできる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

先進的窓リノベ2024事業

工事中の窓

2024年度も2023年度のように「先進的窓リノベ2024事業(断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業)」が実施されます。

「先進的窓リノベ2024事業」は、エネルギー費用負担の軽減やCO2排出削減などを目的としており、冷暖房の効率が良くなる断熱窓への改修工事で利用しやすい補助金です。

補助金額と対象工事

補助金額:5~200万円/戸
「子育てエコホーム支援事業」と同じく、補助金額の合計が5万円以上の工事である必要があります。

補助金額は設置する製品の大きさや性能区分、住宅の種類によって定められています。
ここでは対象工事と大まかな補助金額をご紹介します。

対象工事 補助金額
ガラス交換 5,000~55,000円/枚
内窓設置 23,000~112,000円/箇所
外窓交換
(カバー工法/はつり工法)
43,000~266,000円/箇所
ドア交換
(カバー工法/はつり工法)
43,000~266,000円/箇所
※本事業の性能要件を満たした製品のみが補助対象になります。
※「ドア交換」またはドアの内側への「内窓設置」のみを行う工事は補助対象になりません。

>> 窓・サッシリフォームの費用相場とポイント
>> 内窓(二重窓/二重サッシ)リフォームの費用・おすすめ品!
>> 窓のリフォームに利用できる補助金制度の種類について解説!

申請期間

交付申請期間:2024年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)

給湯省エネ2024事業

戸建てに設置された給湯器

2024年度も「給湯省エネ2024事業(高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金)」が実施されます。

給湯機は、家庭のエネルギー消費の約3割を占めると言われています。
エネルギー消費量削減に有効な高効率給湯器の導入を補助する事業です。

補助金額と対象設備

対象設備 補助金額
ヒートポンプ給湯機(エコキュート) 80,000~130,000円/台
ハイブリッド給湯機 100,000~150,000円/台
家庭用燃料電池(エネファーム) 180,000~200,000円/台

上記の設備導入に加えて、特定の機器を撤去すれば、追加で補助金を利用できる場合があります。

撤去機器 加算額
蓄熱暖房機 100,000円/台
(上限2台まで)
電気温水器 50,000円/台
(導入設備台数まで)

>> 給湯器交換の工事費用相場
>> エコキュートの価格(設置・交換費用)の相場

申請期間

交付申請期間:2024年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)

賃貸集合給湯省エネ2024事業

小型の給湯器

「賃貸集合給湯省エネ2024事業」は2024年度に開始する新たな事業です。
既存集合住宅のエネルギー消費量削減を目的とし、省エネ型給湯器の設置費用を補助します。

補助金額と対象設備

対象設備 補助金額
潜熱回収型給湯器(エコジョーズ/エコフィール) 追い焚き機能なし:50,000円/台
追い焚き機能あり:70,000円/台

申請期間

交付申請期間:2024年3月下旬~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)

補助金の相談もできる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

受付開始したら早めの申請を!

業者に相談する夫婦

「子育てエコホーム支援事業」は申請が集中し、早めに受付終了するかもしれません。
ほぼ同じ内容である前事業「こどもエコすまい支援事業」は受付開始後6か月で予算上限に達しています。

補助金を利用したリフォームを検討している方は、リフォームプランをまとめておいて、スムーズに業者に相談できるようにしておくと良いでしょう。

今後、公式ホームページに情報が追記される可能性があるため、定期的にホームページを確認することが大事です。

リショップナビでも情報が公開されたらわかりやすくまとめていく予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。
補助金を利用してお得にリフォームしましょう。

補助金の相談もできる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 見積もり件数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもお役立ち情報をお届け中!

公式LINEアカウントはこちら
公式Instagramアカウントはこちら

お役立ちのおすすめ記事

  • 【2024年版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。 今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。 「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 床下断熱リフォームの費用や補助金は?どのような効果があるのかを徹底解説

    「床下断熱リフォームで費用がどれくらいかかるのか知りたい」というような疑問をお持ちの方もいるでしょう。施工する面積によっても異なりますが、床下断熱リフォームには20〜110万円の費用がかかるといわれています。 この記事では床下断熱リフォームの費用相場やリフォームに使える補助金について詳しく解説します。 床下断熱リフォームにはどのような効果があるのかも合わせて紹介するので、床下断熱リフォームを検討している方はぜひ参考にしてください。

  • 【2024年版】お風呂・浴室のリフォームの補助金は?主な制度や申請方法を徹底解説

    浴室・お風呂をリフォームされる際に「できるだけ安く済ませたい」「利用できる補助金(助成金)があるか知りたい」とお考えになる方は多いと思います。 そこで本記事では「お風呂の改装工事で補助金を活用しやすいケース」や「主な制度の例・申請時の流れや注意点」をご紹介します。 また補助金を利用できない場合にも役立つ「リフォーム費用を抑えるためのコツ」についても解説するので、あわせてチェックしてみてくださいね。

  • 【2023年版】リフォーム減税制度はどんな工事が対象?業者はどこに頼む?注意点まとめ

    一戸建てでもマンションでも、ご自宅を「耐震・介護・省エネなどの目的」でリフォームした際には、減税制度(所得税などの税金控除)の対象となる場合があります。 最終的には確定申告での申請が必要になりますが、ここでは「住宅リフォーム減税の主な種類」や「対象になるリフォーム工事」「施工業者を探す際の注意点」について、ご紹介します。 なお、2022年度の税制改正によって「住宅ローン減税」の控除額や条件に変更がありますので、そちらもあわせて確認しておきましょう。

  • 【リフォーム会社の8つの選び方】比較のポイントやおすすめ業者の口コミも公開

    リフォームの成功・失敗は、依頼する会社によって決まると言っても過言ではありません。しかし、本当に信頼できる業者をどのようにして選べば良いのか、悩んでしまうもの。そこで、リフォームやリノベーションに対応できる優良な施工会社・工務店を数多くご紹介してきた『リショップナビ』が、業者選びの大切なポイントや注意点を解説します。過去3年度分の成約ランキングや、お客様からいただいた「人気のリフォーム業者(大手/地元密着など)の口コミ・契約の決め手になったポイント」も公開しているので、参考にしてくださいね!

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。