中古住宅リフォーム(マンション/一戸建て)費用&ビフォーアフター事例10選!補助金やローンは使える?

加盟希望はこちら▶

中古住宅リフォーム(マンション/一戸建て)費用&ビフォーアフター事例10選!補助金やローンは使える?

更新日:2022年06月26日

中古住宅リフォームの費用&ビフォーアフター事例

中古物件(マンション・一戸建て)をリフォームする際に「相場はいくら?予算内でおさまる?」「優先すべき工事や、注意点はある?」といった疑問を持つ方は、多いはず。失敗しないよう、計画的に理想的な家へとリフォームしたいですよね。今回は、中古住宅でおすすめのリフォーム(断熱化・水回り・外壁など)の価格帯や、実例、活用しやすい補助金制度、施工業者の探し方などのポイントについて、まとめました!

この記事の目次

中古マンション/一戸建て住宅リフォームで検討したい内容

中古マンション/一戸建て住宅リフォームで検討したい内容

中古のマンションや一戸建て住宅では「住んでみてから、欠陥箇所に気づいた」というトラブル例が少なくありません。
そこでまずは、優先的に検討していただきたいリフォーム内容について、簡単に解説します。

寒さ(暑さ)や結露対策のため、断熱・防湿(調湿)リフォームは優先的に

中古住宅において、断熱・湿気対策が必要不可欠となる可能性は高いでしょう。

とりわけ築年数が経過したマンションは、気密性が高く、換気しにくい構造になっていることが多いです。
室内と室外の気温差が大きくなる冬場などに、湿気がこもると、窓周辺やクローゼットなどに結露・カビが発生してしまいます。

また築20年以上のマンションでは、断熱材が入っていないことがほとんどのため、冬の寒さ・夏の暑さに悩まされる傾向があります。

築古の一戸建ての場合でも、やはり断熱性能が低い建物が多く、寒さ対策や結露防止のため、断熱リフォームの実施は検討したいところです。

中古住宅の換気対策リフォーム

断熱リフォームには、主に「(室内壁の内側などに)断熱材を施工する」「(既存の窓に)内窓を設置し、二重窓にする」といった方法があります。

換気対策では「窓を増設する」「空気の通り道ができるよう、間取りを工夫する」リフォームも、おすすめです。

湿気対策としては「自然素材など、調湿機能がある建材」を施工するとよいでしょう。 浴室に「浴室暖房乾燥機を設置する」のも有効です。

なお詳細は後述しますが、断熱化などの省エネリフォームは、補助金・助成金の対象になりやすいです。
申請時期が限られてしまうことは多いですが、ぜひ前向きに検討するとよいでしょう。

水回り設備は10〜20年程度のサイクルで交換が必要

中古住宅の水回りリフォーム周期

キッチンやトイレといった水回り設備は、一般的に、10〜20年のサイクルでメンテナンスが必要と言われています。 築年数によっては、劣化が進行していたり、使いづらく家事効率が悪くなったり、というトラブルも考えられます。

最新の設備には、節水・節電効果のある製品も多いです。
ほかの箇所のリフォームと合わせて、水回りを一新することも考えてみてはいかがでしょうか。

築10年以上の一戸建ては、外壁・屋根の塗装なども視野に

中古の一戸建ては外壁・屋根をリフォームしよう

一戸建ての場合は、築年数によっては外壁・屋根のリフォームも優先的に行いましょう。
建物全体を守ってくれる部位ですから、なるべく後回しにしないほうが無難です。

メンテナンス周期は、環境や外壁材(屋根材)によって変わってきますが、たいていの場合は約10年ごとに塗装が必要です。

築古の一戸建てでは、耐震補強が必要な場合も

築年数がある程度経過している一戸建てであれば、耐震補強の必要性も視野に入れておきましょう。 特に1981年5月31日以前に建築確認を受けた(=建築基準法改正前の)建物は、耐震性が低い可能性があります。

>> 最新の「耐震基準」とは?

補強工事を行うかどうかは、業者に「耐震診断」をしてもらった上で判断するという選択肢もありますよ。
多くの自治体で、1981年以前に建築された住宅に対し、耐震診断や耐震改修の補助・助成制度を導入しているため、あわせて利用を検討してみましょう。

不安な場合は、住宅診断(インスペクション)実施が無難

マンションか一戸建てかに関わらず、お住まいの性能について不安がある場合や、どんなリフォームをすべきか判断しづらい際には「住宅診断(ホームインスペクション)」を実施しておくのが無難です。

建築の知識がある第三者より「建物の老朽化具合」や「希望のリフォームが適するか」など、助言してもらえますよ。

中古のマンション/一戸建て住宅で人気のリフォーム&費用相場

暑さ(寒さ)・湿気・結露対策のリフォーム価格帯

断熱・湿気・結露対策のリフォーム価格帯

【断熱リフォーム】

家の断熱化をする工事には「内窓を追加する」「壁や天井・床に断熱材を施工する」などの方法があります。

管理規約の範囲でしかリフォームできないマンションでも「内窓」や「室内側の壁に断熱材・パネル」を施工するのはOKとされる例が多いです。
(※マンションによって異なるため、必ず管理会社などに確認していただく必要があります。)

リフォーム内容 費用相場
内窓の追加 8~30万円/箇所
壁に断熱材を施工 0.4~3万円/㎡
床下・天井に断熱材を施工 0.4~0.8万円/㎡

>> 断熱リフォームの種類・費用・工期
>> 窓の断熱リフォームの種類・費用
>> 内窓リフォームの費用

浴室暖房乾燥機の設置

【浴室暖房乾燥機の設置】

浴室乾燥機(浴室暖房機)は、洗濯物を干したいときだけではなく、お風呂場の湿気対策や、ヒートショック対策としても活用しやすい、便利な設備。
一戸建てはもちろんのこと、マンションでも後付け可能な場合が多いです。

リフォーム内容 費用相場
浴室乾燥機の追加 10~40万円

>> 浴室暖房乾燥機の設置費用や光熱費を抑える方法

【窓(室内窓/外窓)の増設】

換気が必要となりやすい位置に、窓を追加しておくと効果的でしょう。
間取りを変更する場合も「窓が適切な場所にあるか」を確認することが肝心です。

室内窓のリフォーム

なおマンションの場合、外窓(=外壁に面する窓)を追加する工事は難しいですが、室内窓であれば基本的には設置可能です。

リフォーム内容 費用相場
室内窓の設置 10〜20万円/箇所
外窓の増設 10〜30万円/箇所
(※サイズ・グレードによっては、より高額)

>> 窓・サッシリフォームの種類・費用
>> 室内窓リフォームの種類・費用

【床暖房の設置】

寒さ対策では、床暖房を増設するリフォームも好評です。
エアコンのように風でホコリ・毛が舞うことがないため、猫などペットを飼育されているご家庭にも打って付けと言えるでしょう。

リフォーム内容 費用相場
電気式床暖房の設置 6畳:30〜55万円
8畳:32〜71.5万円
温水式床暖房の設置 6畳:33〜65万円
8畳:40〜93.5万円

>> 床暖房のリフォーム費用!電気式・温水式の違いは?

水回りのリフォーム価格帯

中古住宅の水回りのリフォーム価格帯

「汚れが気になる」「古くて使いづらい」などの理由から、水回りを優先してリフォームされる方は多くいらっしゃいます。
中でも「和式トイレを洋式にする 」「壁向きのキッチンを対面式にリフォームする 」「タイル張りの在来工法の浴室をユニットバスに変更する」といった工事は人気がありますが、費用がやや高額です。

リフォーム内容 費用相場
トイレ 洋式から洋式:15〜50万円
和式から洋式:15〜60万円
洗面所 20〜50万円
キッチン システムキッチン交換:50〜150万円
壁向きから対面式:55〜200万円
浴室 ユニットバス交換:50〜150万円
在来からユニットバス:50〜200万円
給湯器の交換 10〜35万円

>> 水回りリフォームの費用相場
>> 給湯器の耐用年数・交換費用

なお給湯器は、耐用年数が10年程度と言われています。
築年数によっては、水回り設備と一緒に交換しておくことを推奨します。

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

内装・リビング・部屋・間取り変更のリフォーム価格帯

中古住宅の内装・部屋リフォーム価格帯

【内装(室内壁・床)のリフォーム】

内装のリフォームでは「壁紙」や「フローリング」「畳」の交換が一般的ですが、湿気・生活臭などの対策として「自然素材」や「調湿建材(『エコカラット』など)」を採用するご家庭も多く見られます。

自然素材の代表的なものとしては「漆喰」「珪藻土」や「無垢材のフローリング」「和紙畳」などがあります。

<壁のリフォーム>

リフォーム内容 費用相場
一般的な壁紙に交換 800~1,500円/㎡
和紙壁紙に交換 1,580~15,000円/㎡
漆喰を塗装 4,000~7,200円/㎡
珪藻土を塗装 3,000~6,000円/㎡
エコカラット施工 9,600〜24,000円/㎡

>> 壁紙リフォームの費用&よくある失敗と対策
>> 自然素材のリフォーム費用!珪藻土・無垢などの特徴は?
>> エコカラットの価格・効果・施工例

<床のリフォーム>

リフォーム内容 費用相場(6畳)
複合フローリングに交換 12〜16万円
無垢フローリングに交換 15〜20万円
一般的な畳を交換(新調) 7~20万円
和紙畳に交換 4〜7万円

>> フローリングの種類と費用!無垢と複合の違い
>> 床の種類別!張り替えリフォーム費用

中古住宅の居室・部屋全体のリフォーム

【居室・部屋全体のリフォーム/間取り変更】

リフォーム内容 費用相場
リビング 15~150万円
和室/洋室 20〜50万円
和室を洋室に変更 25~100万円 (6〜8畳)
間取り変更/ 20~350万円
間仕切りの撤去 7~23万円/箇所 (※周辺の補修工事費を含む)
間仕切りの追加 8〜25万円/箇所

>> リビングリフォームの費用・施工例
>> 和室を洋室にリフォームする費用
>> 間取り変更リフォームの費用

ちなみに「間仕切りを撤去して、リビングを拡張する」工事の費用は、平均40〜90万円程度です。
「リビングに隣接する和室を撤去、もしくはリビングと一体化させる」際には、30〜100万円くらいのコストがかかるでしょう。

収納のリフォーム価格帯

中古住宅の収納のリフォーム価格帯
リフォーム内容 費用相場
壁付けクローゼット新設 10〜48万円/箇所
ウォークインクローゼット新設 18〜80万円/箇所
押入れをクローゼットに変更 8〜20万円/箇所

>> クローゼットリフォームの費用
>> ウォークインクローゼット設置の費用・ポイント
>> 押入れをクローゼットにリフォームする費用

収納スペースには湿気がこもる傾向があるため、内装材に『エコカラット』や、防湿・防虫・抗菌効果のある物を使うと、カビなどを予防しやすいでしょう。

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

フル(全面)リフォーム・スケルトンリフォームの価格帯

中古住宅のフルリフォーム・スケルトンリフォーム価格帯

全面的にリフォームする場合や、一度スケルトン(=骨組みだけを残す)状態にして大規模に改装する場合の費用は、一概にいくらとは言えません。
ただし目安として、下記の予算を見込んでおくと安心です。

スケルトン/フルリフォーム 費用相場
マンションの場合 500〜1,500万円
一戸建ての場合 350〜2,500万円

>> マンションリフォームの費用相場
>> 一戸建てリフォーム・リノベーションの費用
>> スケルトンリフォームの費用・施工例

外壁・屋根塗装の価格帯<一戸建ての場合>

中古一戸建ての外壁・屋根塗装の価格帯

外壁や屋根は、5〜15年くらいの周期で塗装によるメンテナンスを行うのが一般的です。

特に2階建て以上の建物では、外壁・屋根の工事の際に「足場」の設置費が10〜20万円程度かかることが、ほとんどです。
外壁と屋根のリフォームは、できれば別の機会に行うのではなく、まとめて実施しておくことで足場代を節約できます。

リフォーム内容 費用相場
外壁塗装 50~180万円
屋根塗装 30~80万円

築20〜40年を超える場合は、外壁材(屋根材)自体を交換するほうがよいケースも出てきます。
「外壁材・屋根材自体をイメージチェンジしたい」という場合や「かなり劣化が進んでいる」という際には、カバー工法張り替え(もしくは葺き替え)といった工事を推奨します。
リフォーム業者と相談の上、具体的な施工内容を決めるのが確実でしょう。

>> 外壁のカバー工法(重ね張り)の費用・特徴
>> 屋根のカバー工法(重ね葺き)の費用・特徴

耐震リフォームの価格帯<築古の一戸建ての場合>

中古一戸建ての耐震リフォーム価格帯

耐震リフォームは、平均120~150万円で実施できた例が比較的多く見られます。
工事の規模によっては25万円程度で済むこともあれば、300万円以上になるケースもあります。

施工内容ごとの、おおよその価格帯は以下の通りです。

リフォーム内容 費用相場
筋交いを施工 5~20万円/箇所
耐震パネルを施工 25~65万円
屋根材を軽量化(葺き替え) 80~150万円

>> 耐震リフォームの費用相場・事例!耐震診断は必要?

ただ築年数が経過した物件の場合は、シロアリ対策や基礎補強などの料金も発生するため、注意が必要です。
リフォーム会社に現地調査をしてもらい、最適な施工内容を決めるとよいでしょう。

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古住宅リフォームのビフォーアフター施工事例

ここで、当サービス『リショップナビ』でご紹介している施工会社が、実際に中古のマンション一戸建てをリフォームした例を見てみましょう。
施工前と施工後の違いなど、参考になさってくださいね。

中古マンションリフォームの実例5選

【事例1】
収納豊かなシステムキッチンにリフォーム

築年数 38年
リフォーム費用 80万円
工事期間 3日
施工地域 神奈川県
元々は、収納が少なく使いづらい台所でしたが、収納豊かな引き出し式のシステムキッチンに交換しました。

内装も明るい雰囲気にコーディネートし、掃除がしやすいキッチンパネルを採用しています。

>> この事例を詳しく見る

【事例2】
対面キッチンのある広いLDKへ

築年数 18年
リフォーム費用 182万円
工事期間 26日
施工地域 福岡県
キッチンの位置を移動してレイアウトを変更し、洋室にあった間仕切りを撤去することで、LDKを拡張しました。

新しいシステムキッチンは、TOTO社の人気製品『ザ・クラッソ』です。

>> この事例を詳しく見る

【事例3】
予算に合わせて水回りと和室をリフォーム

築年数 -
リフォーム費用 300万円
工事期間 20日
施工地域 兵庫県
施主様からキッチンのメーカーのご指定があり、かつ「安くリフォームしたい」というご要望でした。

浴室・ トイレ・洗面所などの水回りの設備も全体的にバージョンアップし、 和室も壁紙などを交換しました。

>> この事例を詳しく見る

【事例4】
水回り4箇所とリビングを改装し、間取りも変更

築年数 22年
リフォーム費用 400万円
工事期間 30日
施工地域 宮城県
中古住宅を購入されたお客様より「内装や設備を一新したい」とのご依頼でした。

施工前は暗い印象だったため、内装も設備も明るい色で統一。
間取りは3LDKから2LDKへと変更し、壁や床などに汚れがあった水回りも全体的に新しくなりました。

>> この事例を詳しく見る

【事例5】
フルリフォームで、断熱性や使い勝手などを改善

築年数 40年
リフォーム費用 880万円
工事期間 50日
施工地域 神奈川県
間取りの一部を変更し、結露対策のため断熱工事も行いました。
水回りも改善して、オリジナル洗面台・建具・ウォークインクローゼット・パントリー(食品庫)をそれぞれ造作。

珪藻土を塗布し、フローリングには無垢パイン材を採用するなど、自然素材にもこだわっています。

>> この事例を詳しく見る

>> 中古マンションのリフォーム事例の一覧はこちら

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古一戸建てリフォームの実例5選

【事例1】
古いユニットバスをLIXILのお風呂へリフォーム

築年数 30年
リフォーム費用 58万円
工事期間 6日
施工地域 京都府
中古住宅を購入されたお客様より「お風呂をきれいに改修したい」とのご依頼でした。

LIXIL(リクシル)の一戸建て向けユニットバス『アライズ』へ交換し、脱衣場との間の段差も解消しています。

>> この事例を詳しく見る

【事例2】
タイル張りの浴室をユニットバスに!給湯器も交換

築年数 40年
リフォーム費用 74万円
工事期間 -
施工地域 大阪府
購入された中古物件で、古いタイル張りの浴室、および故障していたガス給湯器を交換しました。

施主様のご要望に合うよう、新しいユニットバスにはTOTO社の『サザナ』を設置。
同製品の、柔らかく暖かい床材『ほっカラリ床』にも、大変喜んでいただけました。

>> この事例を詳しく見る

【事例3】
外壁と屋根を明るい色に!

築年数 30年
リフォーム費用 92万円
工事期間 40日
施工地域 千葉県
築30年の木造住宅にて、外壁と屋根の塗装工事を実施。
足場を設置し、リフォーム前とはまったく異なる色へと塗り替えました。

同じ家とは思えないほど、明るく美しい外観になっていますね。

>> この事例を詳しく見る

【事例4】
水回り4箇所と内装を一新

築年数 18年
リフォーム費用 480万円
工事期間 25日
施工地域 埼玉県
木造住宅をご購入後、水回り設備(キッチン・浴室・トイレ・洗面脱衣所)を一新。

デザイン・省エネ性を重視しながら、内装もリフォームしました。

>> この事例を詳しく見る

【事例5】
リビング・洗面所などをフルリフォーム

築年数 -
リフォーム費用 700万円
工事期間 -
施工地域 北海道
700万円と低予算でありながらも、クオリティーの高さを追求してフルリフォームを行いました。

リビングは建具なども改装し、台所はレイアウトを見直して小窓から採光できるように工夫。
洗面脱衣所は、収納豊かで明るい空間に生まれ変わりました。

>> この事例を詳しく見る

>> 中古一戸建てのリフォーム事例の一覧はこちら

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古住宅のリフォームでは、どんな補助金(助成金)制度を使える?

中古住宅のリフォームで使える補助金(助成金)制度

2022年6月現在、中古住宅のリフォームでは下記のような補助金制度が活用しやすいです。

たいていの制度には期間が限られており、締め切りが早い場合もあります。
なるべく余裕を持ってリフォーム業者と相談し、補助金を使えるかどうかなどの確認をしておきましょう。

既存住宅における断熱リフォーム支援事業

対象とされるリフォーム
「断熱用の窓」「断熱仕様の玄関ドア」「断熱材」「断熱用ガラス」「熱交換型換気設備」を使用するリフォーム
(※一戸建て=「家庭用蓄熱設備」「家庭用蓄電システム」の設置なども対象)
申請受付期間
2022年6月17日~8月10日 (17時必着)

次世代省エネ建材の実証支援事業

対象とされるリフォーム
・以下の3区分より選択可 (※マンションの場合=Cのみ)

A. 「外張り断熱」(外断)
(外気に接する)外壁の全部を、屋外より「外張り断熱工法」などで改修

B. 「窓断熱」(窓断)
「(防犯・防風・防火仕様の)外窓」で、すべての窓を改修

C. 「内張り断熱」(内断)
室内側から「断熱パネル」もしくは「潜熱蓄熱建材」を導入し、改修

(※上記A〜Cとあわせて実施する場合に限り、調湿建材/断熱仕様の玄関ドアを用いるリフォームなども補助対象)
申請受付期間
一次:2022年5月9日~8月26日/二次:2022年9月5日~10月21日/三次:2022年10月31日~11月30日

こどもみらい住宅支援事業

対象とされるリフォーム
主に「断熱改修」や「エコ住宅設備の設置」など、省エネ化を目的としたリフォーム
(※工事の組み合わせにより「家事負担を軽減する設備」などの設置工事も補助対象)
申請受付期間
2022年3月28日~遅くとも2023年3月31日
(原則、すべてのリフォーム工事が完了後に申請)

>> こどもみらい住宅支援事業の対象リフォーム内容や期間・補助金額

※以上の3つの補助金制度は、全国共通で申請可能です。

地域の補助金(助成金)制度

自治体によっては、独自のリフォーム補助金(助成金)制度を設けています。

「耐震リフォーム」「高齢者の方がお住まいの家」を対象とした制度が多いです。
地域によっては「環境対策」や「増改築」「外壁改修」などの工事でも利用できることがあります。

>> どんなリフォームが補助金の対象になりやすい?

お住まいのエリアの窓口に問い合わせるのが確実ですが、補助金に詳しいリフォーム業者に出会えたら、あわせて質問してみるとよいですね。

住宅ローンが残っている状態で、リフォームローンは組める?

中古住宅のリフォームローンについて

この記事をご覧の方の中には「住宅ローンがまだ残っているけど、リフォームローンを追加で申し込むことはできる?」と、ご不安の方もいらっしゃることでしょう。

もちろん、リフォームローンの追加融資が可能なこともあります。

ただ「住宅の購入費用」と「リフォーム費用」をセットで借りられる「リフォーム一体型住宅ローン」に借り換えて一本化するのが、最も効率的と言えるでしょう。
残高を管理しやすくなるメリットがあるほか、金利が低いローンに借り換え可能であればコスト削減にも繋がります。

>> リフォームローンの選び方!担保の有無・金利相場

リフォーム業者と打ち合わせをする際に、資金管理についても相談してみてはいかがでしょうか。
ファイナンシャルプランナーの資格を持つなど、ローンに詳しいスタッフが在籍していることもありますよ。

理想的な中古住宅リフォームをするための業者の探し方

中古住宅リフォームの業者の探し方

中古住宅のリフォームを成功させるためには、よい施工業者を選ぶことが大切です。

そのためには、できれば複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し、提示されるプランや金額をじっくり比較してみることをおすすめします。

業者によって「安さが売り」「マンションの施工知識が豊富」「デザインリフォームの評判が高い」「耐震診断の実績もある」など、得意分野が異なるためです。

>> リフォーム会社の選び方・比較する際のポイント
>> 相見積もりの注意点・マナーやポイント

時間はかかってしまいますが、最も好相性、かつ提案力の高い業者に任せることで、満足度の高いリフォームを実現しやすくなるはずです。

価格面も仕上がりも納得のできるような、快適な住まい作りをぜひ目指してくださいね!

中古住宅のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 【決定版】つけて良かった!新築・リフォームで好評の設備24選

    新築を建てるとき、今の住まいのリフォームを考えているとき、実際にはどのような設備をつけたら最適なのでしょうか。「つけて良かった」「つけておくべきだった」という意見が集まる設備についてチェックしておきましょう。

  • 中古の一戸建て住宅をリフォーム・リノベーションする際の費用相場&後悔しないための注意点

    中古の一戸建て住宅(一軒家)をリフォーム・リノベーションする際には、納得のいく価格で、快適に住みやすい空間にしたいものですよね。けれども「工事の費用相場は、どれくらい?」「後悔しないためには、どんなことに注意すべき?」といった不安を抱える方も多いでしょう。そこで今回は、中古一戸建てのリフォーム・リノベーションの「費用相場」「施工事例」や「よくある失敗例とその対策」「これから中古物件を購入する際のポイント」をご紹介します。

  • 一戸建てリフォーム/リノベーションの費用相場・実例!フルリフォームや工事箇所別の価格帯も公開

    一戸建てのリフォーム/リノベーションを検討される際には、料金や工事期間がどの程度かかるのか、心配な方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は一戸建てでリフォームをする際の価格帯を工事内容別に解説します。また、一軒家を大規模にフルリフォーム/リノベーションする場合の値段や、費用・工事期間がわかる施工事例もご紹介します。補助金やローンを利用したい場合のポイントについてもお話しするので、ぜひチェックしてみてください。

  • マンションリフォームの費用相場!おしゃれな事例5選(ビフォーアフター)&注意点もご紹介

    マンションでリフォームを行う際に「金額は、いくらくらい?」と心配になる方は、きっと多いはず。業者に見積もりを依頼する前に、ある程度の予算を把握しておけると安心です。今回は、マンションのリフォームの「費用相場(3LDK全体/キッチン・トイレといった水回り/和室やリビング/間取り変更など)」について、ご紹介します。ビフォーアフターや工事期間なども分かる「実例」や、挨拶・管理組合の届出などに関する「注意点」も掲載しているので、参考にしてくださいね。

  • 空き家リフォーム・リノベーションの費用と事例!補助金の例やメリット・デメリットは?

    ご自身が「暮らすため」あるいは「賃貸や売却で利益を得るため」といった理由から、空き家のリフォーム・リノベーションを検討する方が増えつつあります。「古い空き家を所有し続けることにより、固定資産税が高くなってしまわないか」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。とは言え、リフォームの際には工事費用がいくらかかるか、またどのような工事が必要か、心配な方もきっと多いはず。そこで今回は、空き家のリフォーム・リノベーションのメリットとデメリット、必要な工事の決め方やその費用、施工事例、活用しやすい補助金の例など、詳しくご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。