実は暮らしやすい!? おしゃれな平屋の外観とリフォーム費用!メリット・デメリットは?

近年、高齢者にとって住みやすいという理由から2階建ての戸建てを減築して平屋にリノベーションしたい、という方が増えています。2階建てに比べて設計の自由度が高い平屋には、おしゃれなデザインもたくさん♪平屋のメリット・デメリット、参考にしたいおしゃれな外観・内装、平屋へのリフォームにかかる費用についても紹介します。

平屋とは?

「平屋」とは1階建ての建物のことを差す名称で、全体の構造が1層で成り立っています。
日本の伝統的な民家によく見られる造りですが、2階建て住宅の方が効率的に広いスペースを確保できることから、近代では2階建てを選ぶ人の方が多い傾向にありました。

しかし、ここ最近の少子化や高齢化などに伴い、部屋数が少なく移動がしやすい平屋が再び脚光を浴びています。

平屋のメリット

それでは、平屋には実際どのような良さがあるのでしょうか?
まずはそのメリットから見ていきましょう。

移動が楽

平屋は1階建てなので階段がなく、全ての部屋を平行移動できるのが、平屋の最たる特徴の一つ。
子どもや高齢者がいる家族には特にありがたいメリットですね。
住みやすさの面では、2階建てよりも遥かに優れていると言えます。

構造的な危険が少ない

構造的にも2階からかかる重さを気にする必要がありません。
高さがない分、地震の揺れの影響が少なくて済みます。
建築物の中でも特に、地震や台風などの自然災害に強いというのもメリットの一つでしょう。

開放的な雰囲気の家になる

平屋は、屋根の形状をそのまま生かした造りが可能です。
梁を室内のデザインとして生かしたり、天井を高くとって広々とした空間にすることもできます。

また、外に面する部分が広くなるため、窓などの開口部を多くとることができ、開放的な空間が生まれます。
すべての部屋が掃き出し窓を持てるというのは、平屋ならではのメリットですね。

家族のコミュニケーションが取りやすい

2階建ての家と違って、目の行き届くスペースが多いのも平屋ならでは。
つまりは、家族間のコミュニケーションを取りやすいとも言えますね。

施工費用が安い場合が多い

そして大きさにもよりますが、平屋住宅の場合、階段面積やバルコニーの費用が不要でシンプルな造りになるため、2階建てより安く建てられるケースが多いです。
施工費は、少しでも安く抑えたいものですよね。

屋根や外壁のメンテナンスも楽・安い

施工費だけではなく、入居後のメンテナンスも楽に済むのも、平屋の長所と呼べるでしょう。
たとえば2階建ての住宅では、屋根や外壁の高さがあるため、改修時などに足場を組む必要があり、運搬などの作業も大掛かりで、施工費が高額になります。
平屋なら、このようなコストが掛からずに済みます。

おしゃれで暮らしやすい
平屋リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

平屋のデメリット

続いては、平屋のデメリットについて考えてみましょう。

ある程度広い土地が必要

平屋を建てる際に一番に生じる問題は、土地の広さです。
当たり前ですが、同じ面積の土地では、2階建ての方が部屋数は多く取ることができます。
ある程度の大きさの平屋を建てる場合には、当然ながらそれだけ広い土地が必要になります。

窓や開口部が増える可能性があり、防犯対策が重要

よく日が当たる明るい部屋にするためには、必然的に窓を多く設置することになります。
また、2階建ての家よりも1階部分にある窓の数が増えることになります。
外部から侵入される可能性も高くなってしまうため、防犯対策をしっかり行わなくてはなりません。

>> 窓の防犯対策を詳しく見る

洪水や床上浸水などの災害時に、家の中での逃げ場がない

2階との行き来がいらないというのが、平屋のメリット。
しかし、洪水や床上浸水などの際に、逃げ場がなくなるという欠点があるとも言えるでしょう。

プライバシーが確保しにくい

開放的で家族とのコミュニケーションが取りやすいというのも最大の美点の一つ。
一方で、場合によってはプライバシーの確保が難しいというデメリットになりかねません。
お子さんがいるご家庭などは、間取りに配慮が必要です。

平屋リフォームの費用と実例

以上のようなメリット・デメリットを理解した上で、平屋にリフォームしたいという方も少なくないでしょう。
そうとはいえ、平屋のリフォームは高額になりやすいのでは、と不安になる方も多いようです。
そこで、平屋をリフォームする場合や、2階建ての住宅を平屋へ減築する際の費用相場についても触れておきましょう。

たとえば床面積が30坪程度の平屋で、キッチンなどの水廻り設備を交換し、内装や外装も全体的にリフォームする場合にかかる価格は、おおよそ400~500万円です。
ただし築年数が経っており、現行の耐震基準に合わせて補強工事を行う場合には、トータルで700~800万円ほど必要になります。

以下に、リショップナビで実際に2階建ての家を平屋に減築した実例をご紹介します。

こちらのご家庭は、元々2階建てだったお住まいを、家族構成の変化に合わせて減築しました。
使わなくなってしまった2階部分を思い切って解体・撤去し、1階部分については内装も全面的にリノベーション。
費用の総額は、約500万円でした。

ちなみに、内装のみの施工にかかったリフォーム費用は200万円です。
二間続きの和室の内、一室はリビングに、もう一室は和洋折衷の雰囲気の和室に改装したいというご要望だったため、間取り変更を行っています。

もしも建て替えかリフォームかで悩んでいるのであれば、リフォームやリノベーションでも費用を抑えやすく、また使える部分は再利用できるというメリットもあります。

平屋のデメリットやデザインの工夫の仕方に詳しいリフォーム会社に依頼すると、耐震性にも配慮しながら施工してくれるはずです。

おしゃれで暮らしやすい
平屋リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

おしゃれな平屋建ての外観

ではここからは、現代の住宅にふさわしいおしゃれな平屋をご紹介しましょう。

白×茶色でナチュラルな平屋

白と薄いブラウンのナチュラルカラーが素敵な平屋です。大きく設けられたガレージ入口と、煙突が平坦な印象になるのを防いでいますね。

木造のボックス型平屋造り

木目の外観が素敵なこちらは、箱型で、昔ながらの平屋とはがらっとイメージが変わりますね。
窓の大きさが大小バラバラになっているのも面白い見た目です。

広めのウッドデッキが南国風

真っ白な外観に、木製の玄関扉とウッドデッキがとてもよく映えて、南国のコテージのような雰囲気です。
コンパクトな庭の緑も雰囲気づくりに一役買ってますね♪

昔ながらの日本家屋というイメージの強かった平屋も、今ではこんなにおしゃれな造りになっています。
デザインの自由度が高いという良さを生かして、自分好みの平屋にリフォームしてみたいですね。

おしゃれで暮らしやすい
平屋リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> リノベーションの費用相場
>>【必見】よくあるリフォームの失敗6選!
>>【場所別】リフォームの費用相場

更新日:2017年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • ________2_

    一戸建てリフォームの費用相場・工事期間や注意点

    一戸建てのリフォームをする際には、せっかくなら思い通りの住まいにしたいですよね。そうとはいえ、すべて自由にリフォームできるというわけではありません。法規制などの関係でリフォームできない範囲もあります。また大幅にリフォームしたい場合は、いっそのこと建て替えてしまうかフルリフォームを行うかで迷う方も少なくないでしょう。今回は、一戸建てをフルリフォームする場合にありがちな悩みや、メリット・費用・事例・注意点ついて解説します。

  • Jirei3

    古民家リフォーム・リノベーションの費用相場・事例・必要な工事の見極めポイントまとめ

    最近注目を集めている「古民家リフォーム・リノベーション」。昔ながらの日本家屋を利用し、時代に合わせた空間デザインを施したり、住居としての機能を高めたりできるのが、古民家リフォーム・リノベーションの魅力です。古民家をリフォームする際に最も気になる費用相場や事例、そして必要な工事内容の見極め方と、部位毎の施工費用についてご紹介します。古民家ならではのメリット・デメリット・注意点、物件・業者の選び方についても解説しますので、参考にしてみてください。

  • 1

    場所別・増築リフォームにかかる費用と確認申請の注意点

    増築リフォームを検討したいとき、最も気になるのは費用と増築できる範囲ですよね。また、増築は建ぺい率や確認申請など、知らずに施工してしまうと問題になってしまうことがたくさんあります。増築リフォームの費用相場や注意点、また確認申請の方法について解説します。

  • 3

    耐震診断・リフォームの方法と費用って?補助金・減税制度は活用できる?

    耐震リフォームは、どれ位の費用で、またどういった方法で実施できるのでしょうか。どの地域に住んでいても、いつ起こるか分からない大きな地震。あなたのお宅では大地震に備えた耐震補強を行っていますか?我が家がどの程度の揺れに耐えられるか分からないという場合は、まず耐震診断をしてもらいましょう。耐震リフォームを計画する際の指針になるはずです。耐震リフォームの事例や、活用できる補助金・減税制度、業者の選び方について解説します。

  • __________1_

    ウッドデッキのリフォームの価格と施工例

    ウッドデッキのリフォームを行い、ご家族がリラックスする場所や洗濯物を干しやすいスペースを確保したいというご家庭が増えています。ウッドデッキのリフォームの際に考えたいポイントや、施工例、費用相場についてチェックしておきましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop